TTContractリース支払いプランのインポート

形式の説明

PDFバージョン

# 名前 タイプ 必須の コメント
1 ID/リース番号 整数/文字- 20 はい Coupa Treasuryで定義されている一意の識別子、またはリース番号フィールドの英数字のいずれかです。
2 日付 date はい 金額の期日。
3 利子額 小数 はい

 

4 償却額 小数 いいえ  
5 リース料(純額) 小数 いいえ  
6 リース料(総) 小数 いいえ  
7 VAT 小数 いいえ  
8 から計算された利子 小数 *  
9 に計算された利子 日付 *  
10 残存価値(純額) date はい  
11 残存価値(総額) 小数 はい  

*利息の返済が義務付けられています

関数をインポート

インポート機能は、[財務] > [金融商品] > [リース]の[特別機能]の下にあります。

Import-Leasing-Plan-Data.png

インポート機能は、標準のテキスト形式でファイルを処理します。

  • ASCII
  • Unicode

識別ドロップダウンを使用して、フィールド1が案件IDまたはローン番号を選択するかどうかを選択します。

各取引について、ファイルには完全なリース支払い計画が含まれている必要があります。インポートされた各データセットは、既存のデータセットを上書きします。

ファイルに複数のリース取引に関するデータが含まれている場合、各取引のデータを1つのブロックにグループ化する必要があります。

同じリース契約のすべてのキャッシュフローは、時系列にする必要があります。

フォーマットルール

ファイルにヘッダーやフォーマットの説明を含めることはできません。テキストを引用符で囲まないでください。

1つのファイルに複数のデータセットを含めることができます。各行には、正確に1つのデータセットが含まれています。

  • ASCIIコード13 :キャリッジリターンは、データセットの終わりを示します。
  • ASCIIコード10 :改行は、データセットの終了を示します。
  • 最後のデータセットは、ファイルの終わり( EOF )で終了します。

上の表では、「char」の値は、インポートされたファイル内のそのフィールドの最大長が何文字であるかを示しています。

曜日と月は常に2桁の値ですが、年は4桁です。日付区切り記号、日付シーケンス、およびファイル形式は、ユーザー設定と一致する必要があります。 

  • フィールド区切り文字–セミコロン(;)、カンマ(,)
  • 小数点以下の区切り文字–ピリオド(.)、カンマ(,)
  • 整数–桁数または小数点以下の区切り記号なし
  • 日付区切り文字–スラッシュ(/)、ピリオド(.)、カンマ(,)
  • 日付シーケンス– mdy、dmy、ymd

サンプルデータセット 

フィールドデリミター:; I日付デリミター:/I日付シーケンス: mdy I小数点:

LNR 54; 01/29/2010; 25.12; 24.88; 50; 59.5; 19.0; 12/31/2009; 01/01/2010; 100; 689

LNR 54; 01/29/2010; 0; 50; 50; 59.5; 19.0;;; 50; 589 

 

関連アイテム


ICネット-支払いのエクスポート- CSV形式

14 May 2021

キャッシュフローのエクスポート- CSV形式

26 July 2021

ホリデーインポートCSV形式

26 July 2021

IC残高- FXレートインポート- CSV形式

26 July 2021