統合スケジュールとファイル名

Coupaの標準統合は、定期的に実行され、データを統合する必要があるかどうかを判断します。

連携スケジュール

Coupaの標準統合は、ポーリングスケジュールで実行されます。これは、Coupaが定期的にターゲットシステムを調査し、データを統合する必要があるかどうかを判断することを意味します。ポーリングスケジュールの頻度は、ビジネスオブジェクトごとに制御できます。

スケジュール-頻度

通常、マスターデータまたは参照データは日単位で統合され、トランザクションデータは時間単位で統合されます。Coupa (またはパートナー)統合技術チームと協力して、各ビジネスオブジェクトに適切な頻度を決定できます。

スケジュール-時間

統合によって生成される追加のシステム負荷の影響を最小限に抑えるために、毎日同期されるデータは「非ピーク」時間(午前4時など)に実行することをお勧めします。

ビジネスオブジェクト プライマリシステム 同期システム インテグレーションの頻度
ユーザー HRシステム Coupa 毎日
アカウントコード 金融システム Coupa 毎日
サプライヤー 金融システム Coupa 毎日
申請書 Coupa 金融システム 毎時
発注書 Coupa 金融システム 毎時
発注書の改訂 Coupa 金融システム 毎時
請求書 Coupa 金融システム 毎時
請求書の無効化/クレジットメモ Coupa 金融システム 毎時
請求書支払 金融システム Coupa 毎時
為替レート 金融システム Coupa 毎日
予算品目情報 金融システム Coupa 毎日
経費明細 金融システム Coupa 毎時

ファイル名

統合の方法に応じて、特定のファイル形式が必要になる場合があります。データをファイルに入力する際には、統合を合理化するために、お客様に使用をお勧めする特定のファイル形式を用意しています。

実装マネージャーがこれらのフォーマットを提供できます。ファイルのフォーマットに加えて、Coupaから生成されたファイルや顧客から要求されたファイルには特定の命名規則があります。

これらのファイル名については、以下の表を参照してください。ファイルが互いに上書きされないように、日付タイムスタンプに注意してください。インバウンドファイルの命名規則は、顧客が独自の規則に従って変更することができます。Coupaはインバウンドファイルの命名規則に制限を設けていません。COUPAからの送信ファイルは、以下の形式でのみ送信されます。ファイル形式名を変更する必要がある場合は、下記の表に記載してください。

ビジネスオブジェクト ファイル名 COUPAへ、またはCOUPAから
ユーザー users <YYYYMMDD_HHMMSSZ>_.<file format> Coupaへ
アカウントコード accounts <YYYYMMDD_HHMMSSZ>_.<file format> Coupaへ
サプライヤー サプライヤー<YYYYMMDD_HHMMSSZ>_。<file format> Coupaへ
申請書

申請書ヘッダー<YYYYMMDD_HHMMSSZ>_。<file format>

Coupaから
発注書 発注ヘッダー<YYYYMMDD_HHMMSSZ>_。<file format> Coupaから
発注書の改訂 発注ヘッダー<YYYYMMDD_HHMMSSZ>_。<file format> Coupaから
請求書 InvoiceHeader <YYYYMMDD_HHMMSSZ>_.<file format> Coupaから
請求書支払 payments <YYYYMMDD_HHMMSSZ>_.<file format> Coupaへ
為替レート fx_rates<YYYYMMDD_HHMMSSZ> _.<file format> Coupaへ
予算品目情報 budget_lines<YYYYMMDD_HHMMSSZ> _.<file format> Coupaへ
経費 ExpenseReport <YYYYMMDD_HHMMSSZ>_.<file format> Coupaから
棚卸資産取引または領収書 Inventory <YYYYMMDD_HHMMSSZ>_.<file format> Coupaから

関連アイテム


照会オプション

21 October 2016

クエリを使用して、必要なデータをすばやく特定して取得する方法をご覧ください。

特別措置とAPIメモ

21 October 2016

Coupa APIの使用方法に関する追加情報。

CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。