• 最終編集日時: 22 December 2021

未払金::割当

Coupa買掛金::割り当てCSVエクスポートとインポートの形式により、あるソースドキュメントから別のソースドキュメントへの割り当て金額の報告と転送が可能になります。

割り当ては、支払い責任をあるドキュメントから別のドキュメントに移動します。最初のユースケースは、過払いにならないように、注文の前払い(マイルストーン)を関連する請求書に割り当てることです。フォーマットは、任意の種類の支払書類から任意の種類の支払書類に割り当てることができるように設定されています。関連する「支払い可能」IDを掘り起こす必要がなく、ソースドキュメント(注文マイルストーンや請求書など)を参照できるように、十分な柔軟性を備えています。

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 使用可能値
type 行のタイプを表します 任意の
iD 割り当てのCoupa ID。割り当ての取り消しのみに使用されます。それ以外の更新はできません。 整数 any
payable - from - id 割り当てを送信する未払金のID。割り当てをどの買掛金に添付するかを判断するときは、まずpayable - to - idを使用し、次にsource - transaction - from - id (例えば、invoice - idまたはorder - id )を使用し、次にsource - transaction - reference例えば、invoice - numberを使用します。3つのうち1つだけ提供する必要があります。これは、差出人と受取人の両方に当てはまります。 整数 any
payable - from - type

割り当てを送信する未払い金のタイプ。探している未払い金タイプを特定する際には、次の値を受け入れます:請求書、マイルストーン、経費、経費の事前承認、バーチャルカード経費の事前承認、出張の予約、外部未払い金、サプライヤー未払い金、従業員未払い金

string (255) any
payable - from - amount 未払金の送信元ドキュメントからの割り当て true 小数( 46,20 ) any
payable - from - currency 送金した買掛金の通貨 true any
payable - from - currency - code 未払金の通貨コード 任意の
source - transaction - from - id 送信している買掛金のソーストランザクションID any
source - transaction - from - type 送金買掛金のソース取引タイプ 任意の
source - transaction - from - reference ソース取引参照。未払金の送信元に関連する文書の外部識別子。注文番号、請求書番号など 任意の
payable - to - id 割り当てを受信する未払金のCoupa ID。割り当てをどの買掛金に添付するかを判断するときは、まずpayable - to - idを使用し、次にsource - transaction - from - id (例えば、invoice - id )を使用し、次にsource - transaction - reference例えば、invoice - numberを使用します。3つのうち1つだけを提供する必要があります。これは、FromとToの両方の買掛金に当てはまります。 整数 任意の
payable - to - type 割り当てを受け取る未払い金のタイプ。マイルストーン(注文に添付)を請求書に配置することは、最初にサポートされるユースケースです。 string (255) 次のいずれかの値:
請求書、マイルストーン、経費、経費の事前承認、バーチャルカード経費の事前承認、出張の予約、外部の未払い金、サプライヤーの未払い金、または従業員の未払い金。
payable - to - amount 受領債権の通貨での受領配分額 true 小数( 46,20 ) any
payable - to - Currency 受取買掛金の通貨 任意の
payable - to - currency - code 受領未払金の通貨コード any
source - transaction - to - id 受取支払のCoupaソーストランザクションID。  true 任意の
source - transaction - to - type 受取買掛金のソーストランザクションタイプ 任意の
source - transaction - to - reference 外部識別子、受取買掛金のソーストランザクション参照。  any
ステータス 割り当てのステータス。  string (255) 許容値:ドラフト、コミット、バッチ、無効化、完了
ソース この配分を作成したソース。使用可能な値は次のとおりです。 erp、coupa_pay、UI、api、またはcsv string (255) 使用可能な値: coupa_pay、erp、ui、api、csv
reason - code

この割り当てが作られた理由。有効な値は、payment、auto_payment、epr、epr_rejectedmanualです。

string (40) payment、auto_payment、epr、epr_rejected、manual
payment - reference - id 支払のCoupa参照ID 整数 任意の
payment - reference - type 支払参照のタイプ string (255) any
last - exported - at 割当が最後にエクスポートされた日時 日時 任意の

割り当てを取り消せるかどうかを示すフラグ。これが提供された場合、IDも提供されなければならず、他の値は考慮されません。

「逆」が「真」でIDが提供されると、他のすべての値を無視し、参照された割り当てを取り消します(オフセット調整ラインの作成を含む)。これは、割り当てで許可されている唯一の変更です。それ以外の場合、IDは無視されます。

boolean True、t、yes、y、または1の値は、割り当てを逆にする必要があることを示します。空の値、falsef、non、または0は、割り当てを取り消すべきではないことを示します。 

 

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。