• 最終編集日時: 04 February 2019

サプライヤーのインポート

サプライヤー統合ローダーは、サプライヤーとサイトヘッダーの列を使用します。

概要

サプライヤーインポートプロセスはファイルをから読み取ります。/Incoming/Suppliers/は、標準SFTPセットアップです。これらのファイルはにあるアーカイブフォルダに移動します。/Incoming/Archive/Suppliers/英数字で処理する前に。

メモ

サプライヤーオブジェクトのすべてのフィールドがUIから利用できるわけではありません。UIのバルクローダーテンプレートを使用して、UIで使用できるフィールドを確認します。サプライヤー統合に使用するフィールドがわからない場合は、Coupa実装マネージャーにお問い合わせください。

主な優先事項

サプライヤーレコードを検索するために使用されるフィールドは以下のとおりです。

  • ID
  • サプライヤー番号
  • 名前

複数のフィールドが指定されている場合、最も優先度の高いフィールドが使用されます。

検証

IDはサプライヤーに対するCoupaの一意の値であるため、変更できません。フィールドを更新する場合に使用します。サプライヤー番号またはサプライヤー名を使用する場合は、任意のフィールド( IDを除く)を更新することもできます。

メモ

サプライヤー名サプライヤー番号は固有のものにしてください。

さらに、CSVファイルに同じサプライヤーレコードが複数回含まれており、両方のレコードのサプライヤー番号が異なる場合、Coupaはファイルの最後に最も近い行の値でサプライヤー番号を更新します。

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 許容値
ID これは、新しいレコードが作成されるときにCoupaが割り当てる一意の識別子(データベースID )です。変更はできませんが、レコードの更新に使用できます。 TRUE 整数 any
名前* サプライヤーサイト名 TRUE TRUE string (100) 任意の
サプライヤー番号 多くの場合、財務システムのサプライヤー番号との相互参照に使用されます。*必須ではありませんが、送金先住所の統合を使用する場合は、このフィールドを必須として扱うことをお勧めします。 真* TRUE string (255) any
表示名 サプライヤーの表示名 string (255) 任意の
アカウント番号 発注書に印字されるアカウント番号とサプライヤー string (255) 任意の
DUNS サプライヤーのDUNS番号 string 任意の
請求書の照合レベル 使用できる値は、[なし]、[2点]、[3点]です。請求書発行のみに使用されます。サプライヤーを作成する際に必要です。サプライヤーの更新時は不要です。 TRUE string (255) 2ウェイ、3ウェイ、3ウェイダイレクト、なし
発注方法 使用できる値は、[メール]、[cXML ]、[XML ]、[オンライン購入]、[プロンプト]です。メールの場合、システムはメールで発注書を送信します(発注書メールアドレスを入力する必要があります)。CXMLの場合、システムはXML経由で発注書を送信します( cXML値を入力する必要があります)。プロンプトが表示された場合、システムは発注書を保留し、手動で注文をリリースするまで待ちます。 string (255) cXML、XML、メール、プロンプト、mark_as_sent、buy_online
発注変更方法 使用できる値は、[メール]、[cXML ]、[XML ]、[オンライン購入]、[プロンプト]です。メールの場合、システムはメールで発注書を送信します(発注書メールアドレスを入力する必要があります)。CXMLの場合、システムはXML経由で発注書を送信します( cXML値を入力する必要があります)。プロンプトが表示された場合、システムは発注書を保留し、手動で注文をリリースするまで待ちます。 string (255) cXML、XML、メール、プロンプト、mark_as_sent、buy_online
発注Eメール 発注方法がEメールの場合には、必須です。複数のメールアドレスを含めることができます。すべての住所をカンマで区切って引用符で囲みます。 string (255) 有効なメール形式である必要があります:
user@example.com
支払方法 [請求書]、[P - Card ]、[請求書のみ]、[P - Cardのみ]のいずれかにする必要があります TRUE string (255) invoice, pcard, invoice_only, pcard_only, virtual_card
支払先要件 「住所のみ」または「支払情報を含める必要があります」のいずれかである必要があります 整数 住所のみ、支払情報を含める必要があります
税金ID サプライヤーの納税者番号(TIN) TRUE string (255) 任意の
発注書cXML URL 発注方法がcXMLで、以前に設定されていない場合には、必須です。 TRUE string (255) 任意の
発注書cXMLドメイン 発注方法がcXMLで、以前に設定されていない場合には、必須です。 TRUE string (255) any
発注書cXML ID 発注方法がcXMLで、以前に設定されていない場合には、必須です。 TRUE TRUE string (255) 任意の
発注書cXMLサプライヤードメイン 発注方法がcXMLで、以前に設定されていない場合には、必須です。 TRUE string (255) 任意の
発注書cXMLサプライヤーID 発注方法がcXMLで、以前に設定されていない場合には、必須です。 TRUE TRUE string (255) any
発注書cXMLシークレット 発注方法がcXMLで、以前に設定されていない場合には、必須です。 TRUE string (940) 任意の
発注書cXMLプロトコル 発注方法がcXMLで、以前に設定されていない場合には、必須です。 TRUE string (255) 任意の
cXML請求-サプライヤードメイン [cXML請求を許可する]を[はい]に設定した場合は必須です。 TRUE string (255) any
cXML請求-サプライヤーID

[cXML請求を許可する]を[はい]に設定した場合は必須です。このフィールドは、複数のサプライヤーで一意です。詳細については、固有の「cXMLインボイスのサプライヤーID」を参照してください。

TRUE TRUE string (255) 任意の
cXML請求-バイヤードメイン [cXML請求を許可する]を[はい]に設定した場合は必須です。 TRUE string (255) any
cXML請求-バイヤーID [cXML請求を許可する]を[はい]に設定した場合は必須です。 TRUE TRUE string (255) any
cXML請求-共有キー [cXML請求を許可する]を[はい]に設定した場合は必須です。 TRUE string (255) any
発注書cXML HTTP基本認証ユーザー名 送信側のPO cXMLがHTTP基本認証を必要とする場合に必要 TRUE string (255) 任意の
発注書cXML HTTP基本認証パスワード 送信側のPO cXMLがHTTP基本認証を必要とする場合は必須 TRUE string (255) any
cXML SSLバージョン 最新バージョンを使用できるよう空欄にします(推奨)。TLSv 1またはSSLv 3に設定して上書きします TRUE string (255) 任意の
節減(%) 任意の数値を使用できます。これは、購入時にこの推奨サプライヤーを使用することによる節約を生み出すために使用されます 小数( 8,2 ) any
ウェブサイト サプライヤーWebサイト string (255) 任意の
メールドメイン 既定の連絡先メールアドレス string (255) 任意の
既定の連絡先メールアドレス メールドメイン(ibmlabs.comなど) string (255) any
APレビューのために請求書を保留する APによるレビューが完了するまで、このサプライヤーからの請求が承認されないようにします。 boolean
バイヤーによって保留 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。[はい]の場合、PO発行前にバイヤーによる確認が必要です。いいえの場合、指定の発注送信方法に従って発注書が自動送信されます。 boolean はい/いいえ
既定の地域と言語 有効なロケールのショートコードを使用できます(en、en - GB、fr、fr - CAなど)。 string (255)
CXML請求を許可する 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。[はい]の場合、サプライヤーはcXML請求書を送信できます。 boolean はい/いいえ
保留中 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。[はい]の場合、サプライヤーは保留中です。発注書をこのサプライヤーに送信することはできません。 boolean はい/いいえ
このサプライヤーからの請求書は常に承認のために転送する 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。[はい]の場合、合計金額に関係なく、承認されると請求書はすべて送信されます。 boolean はい/いいえ
CSNからの請求書発行を許可する

使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。はいの場合、サプライヤーはPOまたはCSP内の契約に対して請求を作成できます。

メモ

CSPを有効にした場合、このフィールドはデフォルトでTRUEです。

boolean はい/いいえ
CSNからの請求書発行と請求勘定科目選択を許可する 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。[はい]の場合、サプライヤーはCSN内で請求書の請求アカウントを選ぶことができます。 boolean はい/いいえ
証明書認証を無効にする SSL証明書の確認を無効にする boolean はい/いいえ
裏付け文書なしで請求書を作成する 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。[はい]の場合、サプライヤーは発注書またはCSN内の契約による裏付けがなくても請求書を作成できます。 boolean はい/いいえ
発注に紐づく請求書で、裏づけのない明細を許可する 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。「はい」の場合、サプライヤーは発注書またはサプライヤーポータル上の契約による裏付けがなくても請求明細を作成できます。 boolean はい/いいえ
裏付け文書なしでのCSNからの請求書発行を許可する。 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。[はい]の場合、サプライヤーは発注書またはCSN内の契約による裏付けがなくても請求書を作成できます。 boolean はい/いいえ
オンラインストアURL オンラインストアURL string (255) 任意の
オンラインストアログイン オンラインストアログイン string (255) 任意の
オンラインストアパスワード オンラインストアパスワード string (255) 任意の
代表連絡先のメールアドレス

サプライヤー担当者のEメール。主要連絡先のメールアドレスは1つのみ設定できます。

メモ

複数のメールアドレスを含む場合は、サプライヤーレコードを編集して保存する前に、Coupaの主要連絡先から1つを削除する必要があります。

string (255) 任意の
代表連絡先の電話番号(職場) サプライヤー担当者の勤務先電話番号 string (255) 米国の数字は、xxx yyy zzzz eeeeの形式でなければなりません。'eeee'はオプションの拡張子を表します。米国以外の番号は、+記号と国番号の前に付ける必要があります。+ aa xxx yyy zzzz eeee
代表連絡先の電話番号(携帯) サプライヤー担当者の携帯電話番号 string (255) 米国の数字は、xxx yyy zzzzの形式でなければなりません。米国以外の数字は、+記号と国番号の前に付ける必要があります。+ aa xxx yyy zzzz
代表連絡先の電話番号(FAX) サプライヤー担当者のFAX番号 string (255) 米国の数字は、xxx yyy zzzzの形式でなければなりません。米国以外の数字は、+記号と国番号の前に付ける必要があります。+ aa xxx yyy zzzz
代表連絡先の名 サプライヤー担当者の名 string (255) any
代表連絡先の姓 サプライヤー担当者の姓 string (255) 任意の
代表住所の住所1 サプライヤー住所詳細1 string (255) 任意の
代表住所の住所2 サプライヤー住所詳細2 string (255) any
代表住所の住所欄3 サプライヤーの住所欄詳細3 any
代表住所の住所欄4 サプライヤーの住所欄詳細4 任意の
代表住所の市町村 サプライヤー住所市区町村 string (255) any
代表住所の都道府県 サプライヤー住所都道府県 string (255) any
代表住所の郵便番号 サプライヤー住所郵便番号 string (255) any
代表住所の国/地域コード サプライヤー住所国コード string (4) 任意のISO 3166 -1 2文字国コード
代表住所VAT番号 サプライヤー住所VAT登録番号 string (255) 任意の
代表住所VAT国/地域コード サプライヤーの2桁の国コード string (4) 任意のISO 3166 -1 2文字国コード
代表住所の地方税番号 サプライヤー住所地方税番号 string (255) 任意の
コンテンツグループ サプライヤーのコンテンツグループ(セキュリティ保護のため)。 string (100) コンテンツグループのセミコロン(;)で区切られたリスト。複数のコンテンツグループを入力することができます。
ステータス 使用できる値は、[アクティブ]、[非アクティブ]、[オンボーディング]、[ドラフト]です。 string (255) [アクティブ]、[非アクティブ]、[ドラフト]、[オンボーディング]
親会社 サプライヤーの親会社 string (255) 任意の
品目カテゴリー 品目カテゴリー名と完全に一致する必要があります。 string (255) Coupaにはすでに存在する必要があります。
税金コード 入力する場合、いずれかの税金コードに一致する必要があります。 string (255) any
制限済み勘定科目タイプ サプライヤーが請求の選択を制限されている勘定科目表この列は、サプライヤーがCSNにある場合にのみ適用されます。サプライヤーをCoAに制限するために使用することはできません。 string (50) 任意の
請求書の電子メール 登録されたメールアドレスは、請求書@{{ yourhost }}.coupahost.comへメールを送信することで請求書を送信することができます。 string (255) 任意の
勘定科目のタイプ サプライヤー向け勘定科目表
支払条件

入力する場合、いずれかの支払条件に一致する必要があります。

string (255) 任意の
発送条件 入力する場合、いずれかの発送条件に一致する必要があります。 string (255) 任意の
エンタープライズコード エンタープライズコードと完全に一致する必要があります。 string (6) any
2要素を使用しないCSPアクセスを許可 サプライヤーによるCSPから2要素認証なしで顧客のデータへのアクセスを許可する boolean はい/いいえ
変更申請の申請 サプライヤーによる注文変更申請の発行を許可する 整数 any
早期支払を有効にする 動的割引のためにサプライヤーを有効化 boolean はい/いいえ
早期支払プログラム ホワイトリストに登録するサプライヤーの動的割引設定 string 任意の
サプライチェーン融資設定 ホワイトリストに登録するサプライヤーのサプライチェーン融資設定 string any
Eメールで追加の通知を送信 Eメールで追加の通知を送信 any
Coupa Pay経由で融資された請求書のみの支払 融資を受けた請求のみがCoupa Payで支払われ、その他の請求はERPで支払われます。 boolean any
動的割引のために有効化 動的割引のために有効化 any
動的割引設定 動的割引設定 any
親ビジネスエンティティ名 ビジネスエンティティ名 任意の
推奨品目カテゴリー 推奨品目カテゴリー 品目カテゴリーはカンマではなくセミコロン(;)で区切る必要があります
タグ タグ 任意の
1回限りのサプライヤー 1回限りのサプライヤーですか? boolean 任意の
スコープ3排出量 スコープ3排出量を追跡していますか? boolean any
最終招待メール 最後に招待されたメール any
最終招待日時 最終招待日時 any
リマインダーの最終送信日時 最終リマインダー: any
プロキシID プロキシID any
固定割引を提案しない boolean
裏付け請求書なしでクレジットメモを作成 裏付け請求書なしでクレジットメモを作成 boolean

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。