• 最終編集日時: 21 April 2021

サプライヤーの所在地

Risk Assessクイック統合用のSupplier Locationsファイル形式。

サプライヤー所在地の迅速な統合インポートにより、Risk AssessユーザーはHTTPSプロトコルを介してスプレッドシートを直接アップロードできます。これにより、顧客はエンゲージメントインターフェイスを必要とせずに、自動化された方法でインバウンドインポートを実行できます。

投稿URL

https<CRA_TENANT> ://.hiperos.com/QuickIntegration/SupplierLocations

サプライヤーの所在地

フィールド 説明 申請済み 一意 タイプ 許容値
ExternalReference (*) 外部システム( ERPシステムなど)にリンクする一意の参照キーを入力します。注:このフィールドは必須ですが、SupplierNameが入力されている場合は空白にすることができます。 はい     任意の
LocationNumber サプライヤー住所の所在地番号を入力します。     String (256) 任意の
SupplierName (*) サプライヤーの名前を入力注:このフィールドは必須ですが、ExternalReferenceが入力されている場合は空白にすることができます。 はい   String (256) any
タイプ(*) 場所の種類を入力[データ管理の設定]で定義されている既存の住所タイプと一致する必要があります。 はい   String (64) 任意の
国/地域 サプライヤーの国を入力します。     String (64) 任意の
住所1 (*) サプライヤーの住所の最初の行を入力します。 はい   String (256) any
住所2 サプライヤーの住所の2行目を入力します。     String (256) 任意の
住所3 サプライヤーの住所の3行目を入力します。     String (256) any
住所4 サプライヤーの住所の4行目を入力します。     String (256) any
市町村(*) サプライヤーの市区町村を入力してください。 はい   String (64) 任意の
都道府県 サプライヤーの都道府県を入力します。     String (64) 任意の
PostalCode サプライヤーの郵便番号を入力します。     String (64) 任意の
サプライヤーの郡を入力します。     String (64) 任意の
SupplierContact (*) サプライヤー住所の担当者を入力します。「サプライヤーの連絡先」を参照してください。 はい はい String (256) 任意の
DUNSNumber サプライヤーの住所のD - U - N - S番号を入力します。     String (256) 許可されている形式はnn - nnn - nnnnのみです

(*)必須

関連アイテム


エンゲージメント数

21 April 2021

Risk Assessクイック統合用エンゲージメントファイルフォーマット。

関係UDFインポート

21 April 2021

リレーションシップUDFは、Risk Assessクイック統合用のファイル形式をインポートします。

関係

21 April 2021

Risk Assessクイック統合のリレーションファイル形式。

設定データ

21 April 2021

Risk Assessクイック統合用のデータファイルフォーマットを設定します。