Lookup Values API (/ lookup_values)

ルックアップ値APIを使用して、アカウントの階層を作成します。

ルックアップ値APIを使用してアカウントの階層を作成します。

ルックアップ値にアクセスするURLは次のとおりです: https ://<instance>/api/lookup_values

詳細については、統合のベストプラクティスを参照してください。

アクション

Lookup Values APIを使用すると、次のことができます。

動詞 パス アクション 説明
投稿 /api/lookup_values 作成 検索値の作成
取得 /api/lookup_values index 検索クエリ値
取得 /api/lookup_values /: id 表示 検索値を表示
プット /api/lookup_values /: id update 検索値の更新

要素

検索値APIで使用できる要素は次のとおりです。

要素 説明 必須フィールドですか? 一意ですか? 許容値 Api_Inフィールド? Api_Outフィールド? データタイプ
account - type アカウントタイプ       はい はい アカウントタイプ
有効 誤った値はアカウントを無効にし、ユーザーが使用できなくなります。真の値は、それをアクティブにし、ユーザーが利用できるようにします。       はい はい boolean
created - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました         はい 日時
created - by 作成したユーザー         はい ユーザー
深さ 深さ         はい 整数
説明 ルックアップ値の説明       はい はい string
external - ref - code 階層検索を使用する際の個々の検索値の識別に使用されます。これは、ルートLookupValueから始まる外部参照番号フィールドの連結です。インテグレーションでは設定されませんが、更新する既存のルックアップを識別するために使用されます。   はい     はい string
external - ref - num 外部参照番号(会計で使用した場合の実際のアカウント値)   はい   はい はい string
iD Coupaの一意の識別子         はい 整数
is - default is_default       はい はい boolean
検索 ルックアップの名前 はい     はい はい 検索
lookup - id lookup_id       はい はい 整数
名前 ルックアップ値の名前 はい はい   はい はい string
親要素の外部参照コード       はい はい LookupValue
parent - id parent_id       はい はい 整数
updated - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました         はい 日時
更新者: 更新したユーザー         はい ユーザー
メモ
  • 大規模な検索値のデータセットを扱う場合は、常にいくつかの基準でGETを制限してください。
  • これらのルックアップ値を作成しているルックアップは、すでにシステムに存在している必要があります。 

関連アイテム


CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。

タグ付けAPI

24 April 2017

タグ付けAPIを使用して、タグを取り込み、サードパーティシステムにエクスポートします。

論争の理由API

05 August 2017