• 最終編集日時: 05 February 2019

口座タイプ(CoA)インポート

アカウントタイプ(CoA)統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

カラム名 説明 申請書 一意 タイプ 許容値

名前

これは勘定科目表の名前です。ユーザーが複数にアクセスできる場合、ユーザーインターフェイスを介してこのフィールドを表示できます。

TRUE

TRUE

string (50)

any

有効

誤った値を指定すると勘定科目表が無効になり、ユーザーは使用できなくなります。真の値は、それをアクティブにし、ユーザーが利用できるようにします。

TRUE

boolean

任意の

通貨コード

勘定科目表 の会計通貨。ISO標準の通貨コードで指定(例: USD )

TRUE

any

代表連絡先のメールアドレス

代表連絡先の メールアドレス。「use_requester_as_billing_contact」が有効になっていない限り、主要連絡先はこの勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求連絡先として使用されます。

任意の

代表連絡先の職場の電話

代表連絡先の 勤務先電話番号。「use_requester_as_billing_contact」が有効になっていない限り、主要連絡先はこの勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求連絡先として使用されます。

any

代表連絡先の携帯電話

代表連絡先の 携帯電話番号。「use_requester_as_billing_contact」が有効になっていない限り、主要連絡先はこの勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求連絡先として使用されます。

任意の

代表連絡先のファックス電話

代表連絡先の FAX番号。「use_requester_as_billing_contact」が有効になっていない限り、主要連絡先はこの勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求連絡先として使用されます。

任意の

代表連絡先の名

代表連絡先の 名または名。「use_requester_as_billing_contact」が有効になっていない限り、主要連絡先はこの勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求連絡先として使用されます。

any

代表連絡先の姓

代表連絡先の氏名。「use_requester_as_billing_contact」が有効になっていない限り、主要連絡先はこの勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求連絡先として使用されます。

任意の

代表住所ロケーションコード

代表住所の 場所コード。このフィールドはオプションですが、指定されている場合は既存の会社の住所を検索するために使用されます。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

any

代表住所の住所1

代表住所の 最初の住所の行。このフィールドは、既存の住所の有効な場所コードが指定されているか、「use_ship_to_as_bill_to」オプションが有効になっていない限り、必須です。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

任意の

代表住所の住所2

代表住所の 2番目の住所の行。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

任意の

代表住所の住所欄3

代表住所の3番目の住所の行。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

 

代表住所の住所欄4

代表住所の4番目の住所の行。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

 

代表住所の市町村

代表住所の 市区町村。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

任意の

代表住所の都道府県

代表住所の都道府県。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

任意の

代表住所の郵便番号

代表住所の郵便 番号。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

any

代表住所の国/地域コード

代表住所の 国。ISO規格の国コードとして指定します(例: US )。プライマリアドレスは、この勘定科目表から発行された発注書のデフォルトの請求先住所として使用されます。

any

代表住所(VAT ID)

代表住所(VAT ID)

任意の

代表住所の地方税番号

代表住所の地方税番号

任意の

発注書定型条件

デフォルトのPOリキッドテンプレートの下部に表示される カスタマイズ可能なテキスト。すべてのアウトバウンド発注書の標準的な利用規約を含めることを目的としています。

任意の

区分1フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント1を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分2フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント2を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分3フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント3を表す ショートコード(最大8文字)。

any

区分4フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント4を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分5フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント5を表す ショートコード(最大8文字)。

any

区分6フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント6を表す ショートコード(最大8文字)。

any

区分7フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント7を表す ショートコード(最大8文字)。

any

区分8フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント8を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分9フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント9を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分10フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント10を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分11フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント11を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分12フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント12を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分13フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント13を表す ショートコード(最大8文字)。

any

区分14フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント14を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分15フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント15を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分16フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント16を表す ショートコード(最大8文字)。

any

区分17フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント17を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分18フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント18を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分19フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント19を表す ショートコード(最大8文字)。

任意の

区分20フィールドタイプコード

組織やプロジェクトなど、この勘定科目表のセグメント20を表す ショートコード(最大8文字)。

any

数量ベース明細数量%許容誤差

数量ベース明細数量%許容誤差

any

数量ベース明細価格金額許容誤差

数量ベース明細価格金額許容誤差

任意の

数量ベース明細価格%許容誤差

数量ベース明細価格%許容誤差

任意の

金額ベース明細価格金額許容誤差

金額ベース明細価格金額許容誤差

any

金額ベース明細価格%許容誤差

金額ベース明細価格%許容誤差

任意の

裏付け のない明細金額の許容限度

裏付け のない明細金額の許容限度

任意の

請求書上限 合計許容誤差

請求書上限 合計許容誤差

任意の

会社名

会社名

任意の

サプライヤー作成請求書の数量ベース明細数量%許容誤差

サプライヤー作成請求書の数量ベース明細数量%許容誤差

任意の

サプライヤー作成請求書の数量ベース明細価格金額許容誤差

サプライヤー作成請求書の数量ベース明細価格金額許容誤差

any

サプライヤー作成請求書の数量ベース明細価格%許容誤差

サプライヤー作成請求書の数量ベース明細価格%許容誤差

任意の

サプライヤー作成請求書金額ベース明細価格金額許容誤差

サプライヤー作成請求書金額ベース明細価格金額許容誤差

任意の

サプライヤー作成請求書金額ベース明細価格%許容誤差

サプライヤー作成請求書金額ベース明細価格%許容誤差

任意の

既定の支払条件コード

既定の支払条件コード

任意の

既定の配送条件コード

既定の配送条件コード

任意の

サプライヤー作成請求書の合計額許容誤差

サプライヤー作成請求書の合計額許容誤差

any

~より多い別 料金(発送料、取扱手数料、税金、雑費))

~より多い別 料金(発送料、取扱手数料、税金、雑費))

任意の

サプライヤー作成請求書の別料金(発送料、取扱手数料、税金、雑費)が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の別料金(発送料、取扱手数料、税金、雑費)が以下より大きい

any

追加料金の割合(%)

追加料金の割合(%)

任意の

サプライヤー作成請求書の請求合計に対する別料金(発送料、取扱手数料、税金、雑費)の割合が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の請求合計に対する別料金(発送料、取扱手数料、税金、雑費)の割合が以下より大きい

任意の

受領セルフサービス数量%発注許容誤差

受領セルフサービス数量%発注許容誤差

任意の

受領セルフサービス金額%発注許容誤差

受領セルフサービス金額%発注許容誤差

any

受領セルフサービス金額価格発注許容誤差

受領セルフサービス金額価格発注許容誤差

任意の

受領セルフサービス数量%請求書許容誤差

受領セルフサービス数量%請求書許容誤差

任意の

受領セルフサービス金額%請求書許容誤差

受領セルフサービス金額%請求書許容誤差

any

受領セルフサービス金額価格請求書許容誤差

受領セルフサービス金額価格請求書許容誤差

任意の

受領数量%発注許容誤差

受領数量%発注許容誤差

任意の

受領金額%発注許容誤差

受領金額%発注許容誤差

任意の

受領金額価格発注許容誤差

受領金額価格発注許容誤差

任意の

受領数量%請求書許容誤差

受領数量%請求書許容誤差

任意の

受領金額%請求書許容誤差

受領金額%請求書許容誤差

任意の

受領金額価格請求書許容誤差

受領金額価格請求書許容誤差

any

ロゴ画像URL

ロゴ画像URL

任意の

区分1必須既定モデル

申請書明細で勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント1の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

any

区分1必須既定列

セグメント1の既定値を、申請書明細の勘定科目の既定値から引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分2必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント2の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分2必須既定列

セグメント1の既定値を、申請書明細の勘定科目の既定値から引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分3必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント3の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分3必須既定列

セグメント1の既定値を、申請書明細の勘定科目の既定値から引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分4必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント4の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分4必須既定列

セグメント4の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分5必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント5の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

any

区分5必須既定列

セグメント5の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分6必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント6の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

any

区分6必須既定列

セグメント6の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分7必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント7の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分7必須既定列

セグメント7の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分8必須既定モデル

申請書明細でアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント8の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

any

区分8必須既定列

セグメント8の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分9必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント9の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分9必須既定列

セグメント9の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分10必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント10の既定値をから取得する オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分10必須既定列

セグメント10の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分11必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント11の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分11必須既定列

セグメント11の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分12必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント12の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分12必須既定列

セグメント12の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分13必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント13の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

any

区分13必須既定列

セグメント13の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分14必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント14の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分14必須既定列

セグメント14の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分15必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント15の既定値をから取得する オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分15必須既定列

セグメント15の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分16必須既定モデル

申請書明細でアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント16の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分16必須既定列

セグメント16の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分17必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント17の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

any

区分17必須既定列

セグメント17の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分18必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント18の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分18必須既定列

セグメント18の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分19必須既定モデル

申請書明細の勘定科目を既定にしようとしたときに、セグメント19の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

any

区分19必須既定列

セグメント19の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分20必須既定モデル

申請書明細でアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント20の既定値をからプルする オブジェクト。これには、「ユーザー」、「部門」、「商品」、「サプライヤー」、「商品」、または「住所」を指定できます。

任意の

区分20必須既定列

セグメント20の既定値を、申請書明細のアカウントを既定にしようとすることから引き出すオブジェクトの 属性。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

発注書レイアウトURL

発注書レイアウトURL

任意の

既定の発注書レイアウトを使用する

既定の発注書レイアウトを使用する

任意の

~より少ない請求合計額

~より少ない請求合計額

any

サプライヤー作成請求書の請求合計額が以下より少ない

サプライヤー作成請求書の請求合計額が以下より少ない

any

区分1経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント1の既定値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分1経費既定列

セグメント1の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分2経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント2の既定値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分2経費既定列

セグメント2の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分3経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント3の既定値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分3経費既定列

セグメント3の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分4経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント4の既定値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分4経費既定列

セグメント4の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分5経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント5の既定値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分5経費既定列

セグメント5の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分6経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント6の既定値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分6経費既定列

セグメント6の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分7経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント7のデフォルト値をからプルするための オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分7経費既定列

セグメント7の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分8経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント8の既定値をからプルするための オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分8経費既定列

セグメント8の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分9経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント9の既定値をからプルするための オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

any

区分9経費既定列

セグメント9の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分10経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント10のデフォルト値をからプルするための オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分10経費既定列

セグメント10の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分11経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント11のデフォルト値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分11経費既定列

セグメント11の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分12経費既定モデル

経費レポート項目のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント12の既定値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分12経費既定列

セグメント12の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分13経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント13のデフォルト値をからプルするための オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

any

区分13経費既定列

セグメント13の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分14経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント14のデフォルト値をからプルするための オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分14経費既定列

セグメント14の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分15経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント15のデフォルト値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

any

区分15経費既定列

セグメント15の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分16経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント16のデフォルト値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分16経費既定列

セグメント16の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分17経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント17のデフォルト値をからプルするための オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分17経費既定列

セグメント17の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

区分18経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント18のデフォルト値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分18経費既定列

セグメント18の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分19経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントをデフォルトにしようとしたときに、セグメント19のデフォルト値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分19経費既定列

セグメント19の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

any

区分20経費既定モデル

経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしたときに、セグメント20の既定値をからプルする オブジェクト。「user」、「department」、「expense_category」のいずれかにすることができます。

任意の

区分20経費既定列

セグメント20の既定値を取得するオブジェクトの 属性で、経費レポート明細のアカウントを既定にしようとしています。カスタムフィールドの場合、これはフィールドを定義するときに指定したフィールド名です。ユーザーのデフォルトアカウントを使用するには、'default_account.current_code'を使用します。

任意の

発送 先住所に請求書を送る

発送 先住所に請求書を送る

any

申請者を請求連絡先として 使用する

申請者を請求連絡先として 使用する

任意の

サプライヤー作成の請求書の、裏付けのない明細金額の許容限度

サプライヤー作成の請求書の、裏付けのない明細金額の許容限度

任意の

契約 に紐づく明細金額許容誤差

契約 に紐づく明細金額許容誤差

any

サプライヤー作成請求書の、契約に紐づく明細金額許容誤差

サプライヤー作成請求書の、契約に紐づく明細金額許容誤差

任意の

税金エンジン計算と比較した税金合計額( 明細)

税金エンジン計算と比較した税金合計額( 明細)

any

税金エンジン計算と比較した税金合計額( ヘッダー)

税金エンジン計算と比較した税金合計額( ヘッダー)

any

サプライヤー作成請求書の税金エンジン計算と比較した税金合計額(明細)

サプライヤー作成請求書の税金エンジン計算と比較した税金合計額(明細)

任意の

サプライヤー作成請求書の税金エンジン計算と比較した税金合計額(ヘッダー)

サプライヤー作成請求書の税金エンジン計算と比較した税金合計額(ヘッダー)

任意の

動的フラグ

この勘定科目表の勘定科目を組み合わせ(静的)または指定されたセグメントごと(動的)として読み込むかどうかを指定する フラグ。これは、[はい]か[いいえ]に指定する必要があります。

任意の

区分1検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分2検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分3検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

any

区分4検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

any

区分5検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分6検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分7検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

any

区分8検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分9検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

any

区分10検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分11検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分12検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分13検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

any

区分14検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分15検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

any

区分16検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分17検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

any

区分18検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分19検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分20検索名

動的会計チャートの 場合、このセグメントの有効な値を含む既に定義されたルックアップの名前を指定します。

任意の

区分2検索レベル

区分2検索レベル

任意の

区分2親会社

区分2親会社

任意の

区分3検索レベル

区分3検索レベル

任意の

区分3親会社

区分3親会社

any

区分4検索レベル

区分4検索レベル

any

区分4親会社

区分4親会社

any

区分5検索レベル

区分5検索レベル

任意の

区分5親会社

区分5親会社

任意の

区分6検索レベル

区分6検索レベル

任意の

区分6親会社

区分6親会社

any

区分7検索レベル

区分7検索レベル

any

区分7親会社

区分7親会社

任意の

区分8検索レベル

区分8検索レベル

任意の

区分8親会社

区分8親会社

any

区分9検索レベル

区分9検索レベル

任意の

区分9親会社

区分9親会社

任意の

区分10検索レベル

区分10検索レベル

任意の

区分10親会社

区分10親会社

any

区分11検索レベル

区分11検索レベル

any

区分11親会社

区分11親会社

任意の

区分12検索レベル

区分12検索レベル

任意の

区分12親会社

区分12親会社

any

区分13検索レベル

区分13検索レベル

any

区分13親会社

区分13親会社

any

区分14検索レベル

区分14検索レベル

任意の

区分14親会社

区分14親会社

任意の

区分15検索レベル

区分15検索レベル

任意の

区分15親会社

区分15親会社

任意の

区分16検索レベル

区分16検索レベル

any

区分16親会社

区分16親会社

任意の

区分17検索レベル

区分17検索レベル

any

区分17親会社

区分17親会社

任意の

区分18検索レベル

区分18検索レベル

any

区分18親会社

区分18親会社

any

区分19検索レベル

区分19検索レベル

任意の

区分19親会社

区分19親会社

any

区分20検索レベル

区分20検索レベル

any

区分20親会社

区分20親会社

any

区分2必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント2が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

any

区分3必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント3が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

任意の

区分4必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント4が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

任意の

区分5必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント5が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

任意の

区分6必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント6が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

any

区分7必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント7が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

any

区分8必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント8が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

any

区分9必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント9が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

任意の

区分10必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント10が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

任意の

区分11必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント11が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

任意の

区分12必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント12が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

any

区分13必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント13が必要かどうかを指定する フラグ。セグメント1は常に必須です。

任意の

区分14必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント14が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

任意の

区分15必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント15が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

any

区分16必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント16が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

任意の

区分17必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント17が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

any

区分18必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント18が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

any

区分19必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント19が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

any

区分20必須

この勘定科目表のすべての勘定科目にセグメント20が必要かどうかを指定する フラグ。区分1は常に必須です。

any

発注番号の接頭辞

PO番号の一部として表示される 任意の英数字プレフィックス。統合や曖昧さを解消する目的で使用されることもあります。

任意の

発注番号の長さ

発注書番号の数値部分の固定長を指定するために使用される オプションの数値。使用すると、PO番号は表示目的で指定された長さまで0で埋められます。有効な値は6 ~ 15です。

any

アイテムの照合レベル

アイテムの照合レベル

2ウェイ、3ウェイ、3ウェイダイレクト、なし

サービスの照合レベル

サービスの照合レベル

2ウェイ、3ウェイ、3ウェイダイレクト、なし

請求書と発注書の 明細数量単位が一致した場合、許容誤差をトリガーする

請求書と発注書の 明細数量単位が一致した場合、許容誤差をトリガーする

任意の

サプライヤー作成請求書の明細数量単位と発注書の明細数量単位が一致した場合、許容誤差をトリガーする

サプライヤー作成請求書の明細数量単位と発注書の明細数量単位が一致した場合、許容誤差をトリガーする

任意の

発注書メールアクション有効化済み

発注書メールアクション有効化済み

任意の

指定した暦 日数を超えてさかのぼった日付の請求日

指定した暦 日数を超えてさかのぼった日付の請求日

any

サプライヤー作成請求書の指定した暦日数を超えてさかのぼった日付の請求日

サプライヤー作成請求書の指定した暦日数を超えてさかのぼった日付の請求日

any

次より大きい発送料

次より大きい発送料

any

次より大きい発送料 (請求書合計の%)

次より大きい発送料 (請求書合計の%)

any

次より大きい取扱手数料

次より大きい取扱手数料

any

次より大きい取扱手数料 (請求書合計の%)

次より大きい取扱手数料 (請求書合計の%)

任意の

次より大きい雑費

次より大きい雑費

any

次より大きい雑費 (請求書合計の%)

次より大きい雑費 (請求書合計の%)

任意の

次より大きい税金合計

次より大きい税金合計

任意の

次より大きい税金合計 (請求書合計の%)

次より大きい税金合計 (請求書合計の%)

any

サプライヤー作成請求書の発送料が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の発送料が以下より大きい

any

サプライヤー作成請求書の発送料(請求書合計の%)が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の発送料(請求書合計の%)が以下より大きい

任意の

サプライヤー作成請求書の取扱手数料が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の取扱手数料が以下より大きい

any

サプライヤー作成請求書の取扱手数料(請求書合計の%)が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の取扱手数料(請求書合計の%)が以下より大きい

any

サプライヤー作成請求書の雑費が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の雑費が以下より大きい

any

サプライヤー作成請求書の雑費(請求書合計の%)が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の雑費(請求書合計の%)が以下より大きい

任意の

サプライヤー作成請求書の税金合計が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の税金合計が以下より大きい

任意の

サプライヤー作成請求書の税金合計(請求書合計の%)が以下より大きい

サプライヤー作成請求書の税金合計(請求書合計の%)が以下より大きい

any

カタログ単価と比較した 請求明細単価(金額)

カタログ単価と比較した 請求明細単価(金額)

任意の

カタログ単価と比較した 請求明細単価(%)

カタログ単価と比較した 請求明細単価(%)

任意の

税金 の分配

税金 の分配

any

発送料金額の 分配

発送料金額の 分配

any

取扱手数料額の 分配

取扱手数料額の 分配

任意の

雑費額の 分配

雑費額の 分配

any

請求メモ の許可

請求メモ の許可

任意の

エンタープライズコード

エンタープライズコード

any

通貨と発注書の通貨が一致した場合、許容誤差をトリガーする

通貨と発注書の通貨が一致した場合、許容誤差をトリガーする

任意の

サプライヤー作成の請求書の通貨と発注書の通貨が一致した場合、許容誤差をトリガーする

サプライヤー作成の請求書の通貨と発注書の通貨が一致した場合、許容誤差をトリガーする

any

数量ベースの明細の数量が請求数量許容幅を超えています

数量ベースの明細の数量が請求数量許容幅を超えています

任意の

数量ベースの明細の数量が請求%許容幅を超えています

数量ベースの明細の数量が請求%許容幅を超えています

any

金額 ベースの明細の価格が請求金額許容幅を超えています

金額 ベースの明細の価格が請求金額許容幅を超えています

任意の

金額 ベースの明細の価格が請求許容%幅を超えています

金額 ベースの明細の価格が請求許容%幅を超えています

any

サプライヤー作成の請求書の数量ベースラインの数量が、請求数量許容幅を超えています

サプライヤー作成の請求書の数量ベースラインの数量が、請求数量許容幅を超えています

any

サプライヤー作成の請求書の数量ベースラインの数量が、請求%許容幅を超えています

サプライヤー作成の請求書の数量ベースラインの数量が、請求%許容幅を超えています

any

サプライヤー作成の請求書の金額ベースラインの価格が、請求金額許容幅を超過しています

サプライヤー作成の請求書の金額ベースラインの価格が、請求金額許容幅を超過しています

任意の

サプライヤー作成の請求書の金額ベースラインの価格が、請求許容%幅を超過しています

サプライヤー作成の請求書の金額ベースラインの価格が、請求許容%幅を超過しています

任意の

重量 ベースの明細の金額許容幅

重量 ベースの明細の金額許容幅

任意の

重量 ベースの明細の金額%許容幅

重量 ベースの明細の金額%許容幅

任意の

重量 ベースの明細の金額許容幅

重量 ベースの明細の金額許容幅

any

重量 ベースの明細の金額%許容幅

重量 ベースの明細の金額%許容幅

任意の

請求書とアイテムの ライン重量測定単位がブール許容幅にマッチしました。

請求書とアイテムの ライン重量測定単位がブール許容幅にマッチしました。

任意の

請求書と発注書にある明細のサプライヤー品番がブール許容幅にマッチしました。

請求書と発注書にある明細のサプライヤー品番がブール許容幅にマッチしました。

any

サプライヤー作成の請求書の重量ベースラインの数量許容幅

サプライヤー作成の請求書の重量ベースラインの数量許容幅

任意の

サプライヤー作成の請求書の重量ベースラインの数量%許容幅

サプライヤー作成の請求書の重量ベースラインの数量%許容幅

any

サプライヤー作成の請求書の重量ベースライン金額許容幅

サプライヤー作成の請求書の重量ベースライン金額許容幅

任意の

サプライヤー作成の請求書の重量ベースライン価格%許容幅

サプライヤー作成の請求書の重量ベースライン価格%許容幅

any

請求書とアイテムの サプライヤー作成の請求書の明細の重量測定単位が、ブール許容幅に適合しています

請求書とアイテムの サプライヤー作成の請求書の明細の重量測定単位が、ブール許容幅に適合しています

any

請求書と発注書の サプライヤー作成の請求書明細のサプライヤー品番が、ブール許容幅に適合しています

請求書と発注書の サプライヤー作成の請求書明細のサプライヤー品番が、ブール許容幅に適合しています

any

受領書の承認が必要 受領書の承認が必要 任意の
契約の最大支出の項目金額許容誤差 契約の最大支出の項目金額許容誤差

any
サプライヤー作成の請求書の契約の最大支出明細金額の許容限度 サプライヤー作成の請求書の契約の最大支出明細金額の許容限度

any
契約の最大支出明細の許容誤差(%) 契約の最大支出明細の許容誤差(%)

any
サプライヤー作成の請求書の契約の最大支出明細割合の許容限度 サプライヤー作成の請求書の契約の最大支出明細割合の許容限度

任意の
商品コードの請求書区分と発注書区分が違います 商品コードの請求書区分と発注書区分が違います

any
請求書と発注書の税務コードが違います 請求書と発注書の税務コードが違います

任意の
サプライヤー作成の請求書で商品コードの請求書区分と発注書区分が違います サプライヤー作成の請求書で商品コードの請求書区分と発注書区分が違います

any
サプライヤー作成の請求書で請求書と発注書の税務コードが違います サプライヤー作成の請求書で請求書と発注書の税務コードが違います

任意の

 

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。