• 最終編集日時: 08 November 2023

アカウントAPI (/ accounts)

アカウントAPIを使用してアカウントを作成および管理し、ビジネスの財務構造を模倣します。

アカウントAPIを使用してアカウントを作成および管理し、ビジネスの財務構造を模倣します。たとえば、マーケティング、IT、セールスに独自の予算がある場合は、Coupaでそれぞれ別々のアカウントを作成することをお勧めします。

アカウントにアクセスするためのURLは次のとおりです。https ://<instance>/api/accounts

詳細については、統合のベストプラクティスを参照してください。

メモ

動的アカウントは、バッキング検索値に基づいて使用時に作成または更新されます。検索値を管理することで、動的アカウントを管理できます。動的アカウントのAPIを使用してアカウントを作成する必要はありません。実行すると、エラーメッセージが表示されることがあります。

アクション

アカウントAPIを使用すると、次のことができます。

動詞 パス アクション 説明
投稿 /api/accounts 作成 勘定科目を作成
取得 /api/accounts/favorites お気に入り お気に入り
取得 /api/accounts index アカウントを問い合わせ
取得 /api/accounts/recent 最近 最新
取得 /api/accounts /: id 表示 アカウントを表示
プット /api/accounts /: id 更新 アカウントの更新

要素

次の要素は、アカウントAPIで使用できます。

要素 説明 必須フィールドですか? 一意ですか? 許容値 Api_Inフィールド? Api_Outフィールド? データタイプ
account - type account_type はい     はい はい アカウントタイプ
account - type - id アカウントの種類のID。アカウントの設定によっては、このフィールドが表示される場合と表示されない場合があります。 はい はい 整数
有効 Falseの値はアカウントを無効にし、ユーザーが使用できなくなります。真の値は、それをアクティブにし、ユーザーが利用できるようにします。       はい はい boolean
コード

ハイフン(-)で連結されたすべてのセグメント

ルックアップの外部参照コードの一部としてハイフンを使用しないことをお勧めします。そうしないと、システムはそれを別のセグメントとして解釈します

        はい string
created - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました         はい 日時
created - by 作成したユーザー         はい ユーザー
iD Coupaの一意の識別子         はい 整数
名前 これはアカウントのニックネームです。ユーザーは、ユーザーインターフェイスを介してのみ、このフィールドを表示および検索することができます。       はい はい string
segment -1 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -10 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -11 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -12 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -13 各セグメントは、口座コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -14 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -15 各セグメントは、口座コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -16 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -17 各セグメントは、口座コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -18 各セグメントは、口座コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -19 各セグメントは、口座コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -2 各セグメントは、口座コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -20 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -3 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -4 各セグメントは、口座コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -5 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -6 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -7 各セグメントは、口座コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -8 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
segment -9 各セグメントは、勘定科目コードのセグメントを表します(例:コード:99 -9023 -100132、セグメント1は99、セグメント2は9023、セグメント3は100132 )       はい はい string (100)
updated - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました         はい 日時
更新者: 更新したユーザー         はい ユーザー
メモ
  • 大きなアカウントのデータセットを扱う場合は、常にいくつかの基準でGETを制限します。
  • アカウントタイプ(勘定科目表)はシステムにすでに存在している必要があります。APIを使用してアカウントタイプを作成することはできません。
  • アカウントタイプ(勘定科目表)はシステムにすでに存在している必要があります。APIを使用してアカウントタイプを作成することはできません。

関連アイテム


CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。

タグ付けAPI

24 April 2017

タグ付けAPIを使用して、タグを取り込み、サードパーティシステムにエクスポートします。

論争の理由API

05 August 2017