• 最終編集日時: 22 July 2019

Lookup値APIの呼び出し例

Lookup値のさまざまなクエリオプション

Lookup Values APIを使用してクエリし、必要な結果セットを取得する方法の詳細な例を次に示します。

このクエリは、アクティブな検索値を

<instance>https://coupahost.com/api/lookup_values?active=true

このクエリでは、特定の日付以降に作成された検索値が表示されます

https ://.coupahost.com/api/lookup_values?created_at [<instance>gt] = 2014 -04 -22

このクエリは、特定の日付後に作成されたすべてのルックアップのすべてのルックアップ値を提供します

https ://.coupahost.com/api/lookup_values?[ lookup<instance> ][ created - at ][ gt ]= 2014 -04 -22

Lookup Values APIの取得例

この例では、IDが1の単一のルックアップ値を照会しました。

URLへのアクセスを行いました。

https :/// api<instance url>/lookup_values/1
または
https :/// api<instance url>/lookup_values? 1

検索条件に一致する回答は次のとおりです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<lookup-value>

	 <id type="integer">1</id>

	 <created-at type="datetime">2014 -04 -23 T 11:24:10 - 07:00</created-at>

	 2014 <updated-at type="datetime">-04 -24 T 09:08:41 - 07:00</updated-at>

	 <active type="boolean">true</active>

	 <name>TestAccount 1</name>

	 <description>DescAccountNo 1</description>

	 <external-ref-num>ExtRefAccnt 1</external-ref-num>

	 <external-ref-code>ExtRefAccnt 1</external-ref-code>

	 <parent-id nil="true" />

	 <lookup-id type="integer">1</lookup-id>

	 <depth type="integer">0</depth>

	 <account-type nil="true" />

	 <lookup>

			<id type="integer">1</id>

			2014 <created-at type="datetime">-04 -23 T 11:22:10 - 07:00</created-at>

			2014 <updated-at type="datetime">-04 -23 T 11:22:10 - 07:00</updated-at>

			<active type="boolean">true</active>

			<name>アカウント</name>

			<description>口座</description>

			<fixed-depth type="integer">0</fixed-depth>

			<level-1-name />

			<level-2-name />

			<level-3-name />

			<level-4-name />

			<level-5-name />

			<level-6-name />

			<level-7-name />

			<level-8-name />

			<level-9-name />

			<level-10-name />

	 </lookup>

	 <created-by>

			<id type="integer">1</id>

			<login>coupasupport</login>

			<email>upgrade@coupa.com</email>

			<employee-number nil="true" />

			<firstname>Coupa</firstname>

			<lastname>サポート</lastname>

			<salesforce-id nil="true" />

			<mycustom-userfield />

	 </created-by>

	 <updated-by>

			<id type="integer">1</id>

			<login>coupasupport</login>

			<email>upgrade@coupa.com</email>

			<employee-number nil="true" />

			<firstname>Coupa</firstname>

			<lastname>サポート</lastname>

			<salesforce-id nil="true" />

			<mycustom-userfield />

	 </updated-by>

</lookup-value>

検索値を作成

この例では、COUPAの既存のルックアップの1つにルックアップ値を挿入しています。参照オブジェクトにはCoupaシステムIDを使用していません。

次のURLに投稿しました: https ://<instance url>/api/lookup_values。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<lookup-value>

	 <name>TestAccount 2</name>

	 <description>DescAccountNo 2</description>

	 <external-ref-num>ExtRefAccnt 2</external-ref-num>

	 <external-ref-code>ExtRefAccnt 2</external-ref-code>

	 <active>はい</active>

	 <lookup>

			<name>勘定科目</name>

	 </lookup>

</lookup-value>

 Lookup Values API PUTの例

PUTの例:

検索値を有効または無効にするには

URL: https ://<instance>/api/lookup_values/<id>

検索値を無効にするためのサンプルコード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<lookup-value>

	 <active>偽</active>

</lookup-value>

検索値の説明を更新するには

URL: https ://<instance>/api/lookup_values/<id>

検索値の検索を更新するためのサンプルコード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<lookup-value>

	 <lookup-id>2</lookup-id>

</lookup-value> 

 

関連アイテム


経費違反API

24 April 2017

経費違反APIを使用して、第三者のシステムに経費違反を送信します。

経費明細マイレージAPI

29 November 2017

経費明細配分API

30 November 2017

経費明細マイレージ割り当てAPI

30 November 2017