為替レートAPI (/ exchange_rates)

予算明細APIを使用して、会社が商品の支払いに使用する通貨の為替レートを管理します。

予算明細APIを使用して、会社が商品の支払いに使用する通貨の為替レートを管理します。

メモ

為替レートAPIは、一方向の為替レートの作成のみをサポートします。たとえば、EUR > USDのコールを行うと、Coupaインスタンスにそのレートが設定されますが、リバースレート( USD > EUR )は作成されません。USD > EURの場合は、別途電話をかける必要があります。

為替レートにアクセスするためのURLは次のとおりです。https ://<instance>/api/exchange rates

詳細については、統合のベストプラクティスを参照してください。

アクション

為替レートAPIを使用すると、次のことができます。

動詞 パス アクション 説明
投稿 /api/exchange_rates 作成 為替レートを作成
取得 /api/exchange_rates index 為替レートのクエリ
取得 /api/exchange_rates /: id 表示 為替レートを表示
プット /api/exchange_rates /: id 更新 為替レートの更新

要素

次の要素は、為替レートAPIで使用できます。

要素 説明 必須フィールドですか? 一意ですか? 許容される値 Api_Inフィールド? Api_Outフィールド? データタイプ
created - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました   はい 日時
created - by 作成したユーザー         はい ユーザー
from - currency 通貨コードのソース はい     はい はい 通貨
iD Coupaの一意の識別子         はい 整数
レート 為替レート       はい はい 小数
rate - date 実施日   はい   はい はい 日時
to - currency 通貨コードのターゲット はい     はい はい 通貨
updated - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました   はい 日時
更新者: 更新したユーザー         はい 利用する
メモ
  • 大きなデータセットとパフォーマンスの最適化の場合は、常にいくつかのGET基準で結果を制限します。
  • 参照オブジェクトの通貨とそれぞれの通貨コードまたはIDは、システムにすでに存在している必要があります。

関連アイテム


CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。

タグ付けAPI

24 April 2017

タグ付けAPIを使用して、タグを取り込み、サードパーティシステムにエクスポートします。

論争の理由API

05 August 2017