• 最終編集日時: 04 February 2019

ユーザーをインポート

ユーザー統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

概要

ユーザーインポートプロセスは、からファイルを読み取ります。SFTPの/Incoming/Users /。これらのファイルはにあるアーカイブフォルダに移動されます。/着信/アーカイブ/ユーザー/英数字の順序で処理される前に。

  • コンテンツグループ勘定グループ名などの関連フィールドが既に存在する必要があります。ユーザー連携(CSVまたはAPI)を介して作成されることはありません。
  • 連携(CSVまたはAPI)は現在、完全な既定のアカウントコードのみをサポートしています。デフォルトのアカウントコードの一部のみがソースフィールドとして使用されている場合、インテグレーションは1の制限がある部分的なアカウントと一致するすべてのアカウントについてCoupaにクエリを実行できます。

キー

  • ID
  • 従業員番号
  • ログイン

検証

IDを含めると、任意のフィールドを更新できます。従業員番号を使用してログインを更新できます。ただし、ログインを使用して従業員番号を更新することはできません。Coupaはログインで新しいレコードを作成しようとしますが、統合に失敗します。

ユーザー認証

標準Coupa認証情報を使用しないメソッドは、ユーザーレコードの選択肢として利用できるようになる前に、顧客インスタンスで設定する必要があります。これらは、いくつかのサンプル値とそれに関連する参照フィールドの場合です。

  • LDAP - "ldap" -ログインフィールドはLDAP sAMAccountNameフィールドにマッピングされています
  • SAML - "saml" - SSO識別子フィールドはSAML NameIDにマッピングされます
カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 使用可能値
ID これは、新しいレコードが作成されるときにCoupaが割り当てる一意の識別子(データベースID )です。変更はできませんが、レコードの更新に使用できます。 いいえ いいえ 整数 any
ログイン 2文字以上にする必要があります はい はい string (255) any
ステータス 使用できる値は、[アクティブ]または[非アクティブ]です。非アクティブなユーザーはログインできません。 いいえ いいえ string (255) 任意の
購入ユーザー ユーザーライセンスを購入しています いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
経費使用者 経費使用者ライセンス いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
調達ユーザー 調達ユーザーライセンス いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
在庫ユーザー 在庫ユーザーライセンス いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
契約ユーザー 契約ユーザーライセンス いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
Analyticsユーザー Analyticsユーザーライセンス いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
AI分類ユーザー AI分類ユーザーライセンス いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
Spend Guardユーザー Spend Guardユーザーライセンス いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
認証方法 LDAPまたはSAML認証を有効にしている場合は、LDAPまたはSAML認証を指定するオプションフィールド いいえ いいえ string (255) Coupa_Credentials、LDAP、SAML
SSO識別子 SSO/SAMLの識別子

いいえ

いいえ string (255) any
パスワードを作成し、ユーザーに通知する システムにユーザーをシステムに招待してパスワードを設定させたい場合は、[はい]に設定します いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
メール* ユーザーのメールアドレス はい はい string (255) 単一のメールアドレス(例: email@domain.com)
ユーザーの名 はい いいえ string (40) 任意の
ユーザーの姓 はい いいえ string (40) 任意の
従業員番号 HRシステムとの相互参照によく使用されるユーザーの従業員番号 いいえ はい string (255) any
部署 部署名と厳密に一致する必要があります。 いいえ いいえ string (255) 任意の
電話番号(職場) ユーザーの勤務先の電話番号(xxx yyy zzzz )。INTL番号の前には、+記号と国番号を付ける必要があります。+ aa xxx yyy zzzz いいえ いいえ string (255) 任意の
電話番号(携帯) ユーザーの連絡先の携帯電話番号 いいえ いいえ string (255) 任意の
承認制限 1000.00米ドルの形式の承認限度額の金額と通貨コード。このフィールドを設定すると、申請承認制限、経費承認制限、請求書承認制限が設定されます。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) 任意の
申請書の承認限度 「1000.00 USD」形式の承認制限の金額と通貨コード。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) any
経費の承認限度 「1000.00 USD」形式の承認制限の金額と通貨コード。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) 任意の
請求書の承認限度 「1000.00 USD」形式の承認制限の金額と通貨コード。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) any
契約の承認限度 「1000.00 USD」形式の承認制限の金額と通貨コード。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) 任意の
サービス/タイムシート承認限度 「1000.00 USD」形式の承認制限の金額と通貨コード。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) any
自己承認限度 自己承認限度額の金額と通貨コードは、「1000.00 USD」の形式で表示されます。このフィールドを設定すると、以下のすべてのドキュメントタイプの自己承認制限が設定されます。一度にすべてを設定する場合を除き、を使用しないでください。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) 任意の
申請書の自己承認限度 自己承認限度額の金額と通貨コードは、「1000.00 USD」の形式で表示されます。このフィールドを設定すると、申請書の自己承認限度が設定されます。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) 任意の
経費の自己承認限度 自己承認限度額の金額と通貨コードは、「1000.00 USD」の形式で表示されます。このフィールドを設定すると、経費の自己承認限度が設定されます。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) any
請求書の自己承認限度 自己承認限度額の金額と通貨コードは、「1000.00 USD」の形式で表示されます。このフィールドを設定すると、請求書の自己承認限度が設定されます。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) 任意の
契約の自己承認限度 自己承認限度額の金額と通貨コードは、「1000.00 USD」の形式で表示されます。このフィールドを設定すると、契約の自己承認制限が設定されます。 いいえ いいえ 小数( 32,4 ) any
承認者のログイン ユーザーの次の承認者 いいえ いいえ string (255) any
既定の勘定科目表の名前 このユーザーの既定の勘定科目表。 いいえ いいえ string (50) any
既定の勘定科目コード ユーザーがほとんどの購入を請求する特定のアカウントを持っている場合、デフォルトのアカウントを入力できます いいえ いいえ string (100) any
既定の勘定科目コード区分- 1 既定の勘定科目コード区分- 1 いいえ いいえ string (100) any
既定の勘定科目コード区分- 2 既定の勘定科目コード区分- 2 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 3 既定の勘定科目コード区分- 3 いいえ いいえ string (100) any
既定の勘定科目コード区分- 4 既定の勘定科目コード区分- 4 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 5 既定の勘定科目コード区分- 5 いいえ いいえ string (100) any
既定の勘定科目コード区分- 6 既定の勘定科目コード区分- 6 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 7 既定の勘定科目コード区分- 7 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 8 既定の勘定科目コード区分- 8 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 9 既定の勘定科目コード区分- 9 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 10 既定の勘定科目コード区分- 10 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 11 既定の勘定科目コード区分- 11 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 12 既定の勘定科目コード区分- 12 いいえ いいえ string (100) any
既定の勘定科目コード区分- 13 既定の勘定科目コード区分- 13 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 14 既定の勘定科目コード区分- 14 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 15 既定の勘定科目コード区分- 15 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 16 既定の勘定科目コード区分- 16 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 17 既定の勘定科目コード区分- 17 いいえ いいえ string (100) any
既定の勘定科目コード区分- 18 既定の勘定科目コード区分- 18 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 19 既定の勘定科目コード区分- 19 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の勘定科目コード区分- 20 既定の勘定科目コード区分- 20 いいえ いいえ string (100) 任意の
ユーザー役割名 複数の役割名を指定する場合は、カンマを使用して各名前を区切ります。役割名ごとに最大40文字。 いいえ いいえ string

ユーザー、バイヤー、買掛金、セントラルレシービング、会計スーパーバイザー、承認者として編集、在庫管理者、管理者。

この要素にはカスタムロール名を渡すこともできます。

既定の通貨 必須フィールドではありません。ただし、値が指定されておらず、ユーザーレコードに既定の通貨が既に設定されていない場合、既定の通貨はインスタンスのレポート通貨に設定されます。 いいえ いいえ string (6) 任意の3文字の通貨コード
既定の地域と言語 2文字または5文字のロケールコードを入力 いいえ いいえ string (10) 例: enまたはen - US
Pカード名 ユーザーが購入クレジットカードを持っている場合は、カードにその人の名前を入力することができます いいえ いいえ string (255) 任意の
Pカード番号 購入クレジットカードの番号を入力してください いいえ いいえ string (255) 任意の
Pカード有効期限 購入クレジットカードの有効期限を入力してください いいえ いいえ string (255) any
PカードCvv 非推奨サポート終了 いいえ いいえ string (255)
コンテンツグループ 複数のコンテンツグループを指定する場合は、コンマを使用して各コンテンツグループ名を区切ります。コンテンツグループ名ごとに最大100文字。 いいえ いいえ string any
既定の住所ロケーションコード 配送先住所には、ロケーションコードを入力してください いいえ いいえ string (255) 任意の
既定の住所の住所1 配送先住所には、住所行1を入力 いいえ いいえ string (100) any
既定の住所の住所2 配送先住所には、住所行2を入力 いいえ いいえ string (100) 任意の
既定住所の住所欄3 配送先住所については、住所行3に入力してください いいえ いいえ string (100) any
既定住所の住所欄4 配送先住所については、住所行4に入力してください いいえ いいえ string (100) 任意の
既定の住所の市町村 配送先住所には、市区町村を入力してください いいえ いいえ string (50) any
既定の住所の都道府県 配送先住所には、都道府県を入力してください いいえ いいえ string (50) 任意の
既定の住所の郵便番号 配送先住所には、郵便番号を入力してください いいえ いいえ string (50) 任意の
既定の住所の国/地域コード 届け先住所には、国コードを入力してください いいえ いいえ string (4) any
既定の住所の宛名 配送先住所については、注意行に入力してください いいえ いいえ string (255) 任意の
既定の住所の名称 配送先住所には、住所のニックネームを入力してください いいえ いいえ string (255) 任意の
既定の住所を削除 このユーザーの既定のアドレスを削除する いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
Coupaメールを受信 使用できる値は、[はい]か[いいえ]です。[はい]の場合、ユーザーはCoupa Service Delivery and Operationsから通知に関する最新情報を受け取ります いいえ いいえ boolean はい/いいえ
データテーブル表示の制限 ユーザーがデータテーブルビューを作成できるようにする いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
勘定科目のセキュリティタイプ アカウントセキュリティのタイプを設定します。
0または空欄:フルアクセス1 :ユーザーの既定のCoA 2に制限済み:特定のアカウンググループに制限されている
いいえ いいえ int (11) 2000, 1, 2
ビジネスグループセキュリティタイプ

ユーザーのコンテンツグループを設定します。

  • 0 =コンテンツグループの制限なし
  • 1 =基本コンテンツと選択したコンテンツグループ(コンテンツグループが指定されている場合)、コンテンツグループが指定されていない場合のみ基本コンテンツ
いいえ いいえ int (11) 0.1
勘定グループ名 ユーザーがアクセスする必要があるアカウントグループ(アカウントベースの書類のセキュリティのため) いいえ いいえ string any
承認グループ名 ユーザーが属する必要がある承認グループ いいえ いいえ string 任意の
倉庫 倉庫 いいえ いいえ string 任意の
棚卸資産組織 棚卸資産組織 いいえ いいえ string any
クイックエントリーでの請求書編集 請求書の編集ボタンをクリックして簡易入力画面を表示 いいえ いいえ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
Coupa Mobileから請求書受信トレイに請求書画像をアップロードできるようにする Coupa Mobileから請求書受信トレイに請求書画像をアップロードできるようにする いいえ いいえ boolean
名前をメンション 名前をメンション いいえ はい string (255) any
臨時従業員ユーザー 臨時従業員ユーザーライセンス? いいえ いいえ boolean 任意の
エスカレーションの閾値限界 「1000.00 USD」形式のエスカレーションしきい値の金額と通貨コード。このフィールドを設定すると、エスカレーションの閾値が設定されます。 いいえ いいえ any
居住国/地域コード ユーザーの居住国コード いいえ いいえ string (4) 任意の
従業員支払方法 従業員にどのように経費を支払うかを決定します。デフォルトの「ERP」であり、インスタンスが許可する場合は「CoupaPay」に切り替えることができます。 いいえ いいえ string (255) 任意の
グループ グループ いいえ いいえ string (255) any
プロジェクト プロジェクト いいえ いいえ string (255) 任意の
法人名 法人名 いいえ いいえ any
従業員支払アカウントの作成を許可 従業員支払いチャネルにかかわらず、ユーザーが従業員支払いアカウントを作成できるようにします。 いいえ いいえ boolean 正誤
サプライチェーンユーザー サプライチェーンユーザーライセンス? いいえ いいえ boolean 任意の
旅費ユーザー 旅費ユーザーライセンス? いいえ いいえ boolean 任意の
ミドルネーム ユーザーのミドルネーム いいえ いいえ string (255) any
財務ユーザー 財務ユーザーライセンス? いいえ いいえ boolean any
ユーザーに請求する 請求ユーザーライセンス? いいえ いいえ boolean any

有効なロケールのリスト

en, tr、ja, cs、es, d a、de - AT、de - CH、de, en - AU、de - BE、de - LU、en - CA、en - GB、en - HK、en - IE、en - IN、en - ME、en - MT、en - MY、en - NZ、en - PH、en - ZA、es - CO、es - MX、es - PR、es - IC、fi、fr - BE、fr - CA、fr - C H、fr, hu, fr - LU、it - CH、it, ko, nl - BE、nl,いいえ、pl, pt - BR、pt, ru, ro, sr, sv, zh - CN、zh - TW、zh - HK, en, tr、ja, cs、es, d a、de - AT、de - CH、de, en - AU、en - CA、en - GB、en - IE、en - ZA、es - CO、es - MX、es - PR、fi、fr - BE、fr - CA、fr - C H、fr, hu, it - CH、it, ko, nl - BE、nl,いいえ、pl, pt - BR、pt, ru, sv, zh - CN、zh - TW、zh - HK,

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。