• 最終編集日時: 20 May 2022

NetSuite OAuth設定

手順1:Coupa for NetSuiteでOAuthアカウントを作成

新しい接続でCoupaインスタンスを設定するには:

  1. [設定] > [統合] > [Oauth 2/OpenID接続クライアント]に移動し、[作成]をクリックします。
  2. タイプ を付与するには、クライアント証明書を選択します。
  3. クライアント、ログイン、連絡先情報、および連絡先メールアドレスの名前を指定します。
  4. 次のスコープを選択して、NetSuiteバンドルを有効にします。
    • core.common.read
    • core.common.write
    • core.expense.read
    • core.expense.write
    • core.inventory.receiving.read
    • core.inventory.receiving.write
    • core.invoice.read
    • core.invoice.write
    • core.pay.payments.read
    • core.pay.payments.write
    • core.pay.virtual_cards.read
    • core.pay.virtual_cards.write
    • core.payables.invoice.read
    • core.payables.invoice.write
    • core.purchase_order.read
    • core.purchase_order.write
    • core.supplier.read
    • core.supplier.write
    • core.payables.order.read
    • core.payables.order.write
    メモ

    スコープは、APIキーに設定されたアクセス許可のセットのようなものです。OIDCでAPIアクセス許可を実装するために、APIの特定の機能へのアクセスを提供するいくつかの新しいスコープを作成しました。

    スコープとその基礎となるCoupaのアクセス許可のリストは、/oauth 2/scopesのスコープ管理ページで確認できます。スコープにドリルダウンすると、そのスコープに関連付けられている特定のAPIアクセス許可が表示されます。

  5. [保存]を
    クリックします
    。クライアントを保存すると、定義したAPIスコープへのアクセスを取得するために必要なクライアント識別子とシークレットの値が表示されます。[表示/非表示]をクリックして、シークレットを表示およびコピーします。
    ns-oauth-01.png

APIにアクセスできるようにするにはアクセストークンが必要で、それは24時間しか持続しないため、Coupaの推奨は20時間ごとにトークンを更新することです(リフレッシュトークンなど)。Netsuiteバンドルでは、自動化されています。

手順2:Coupa P 2 P +経費バンドルの最新バージョンにアップデートする

  1. NetSuiteにログインし、クライアントのバージョンを確認します
  2. 上部のツールバーから[カスタマイズ] > [SuiteBundler] > [バンドルの検索とインストール] > [リスト]に移動します。
    oracle-01.png
  3. Coupa P 2 P +経費バンドルを検索します。
    oracle-02.png
    メモ

    OAuthをサポートするには、バンドルバージョンが7.0.0以上である必要があります

  4. 設定アイコン(oracle-03.png )をクリックし、[更新]を選択して最新のバンドルにアップグレードします
    。バンドルページが開きます。
  5. 既に設定されているスクリプト展開パラメーターを上書きしないため環境設定列のすべての値を[展開を更新しない]に設定します。
    oracle-04.png
  6. [バンドルを更新]を選択します。ステータス
    は[保留中]に変わります。更新が完了するのを待ちます。

更新まで数分かかる場合があります。完了すると、緑色のチェックマークが表示されます。

メモ

更新に失敗した場合は、もう一度お試しください。NetSuiteリソースがすぐに利用できず、明らかな理由もなく更新が失敗することがあります。

一般観察 

  • このプロセスは、スクリプト展開のカスタマイズを上書きしたり、インスタンス資格情報を変更したりしないでください。
  • 最初にサンドボックスにインストールして、変更が現在のプロセスに影響を与えないことを確認してください。
  • どのスクリプトが影響を受けているのか、そしてその理由を把握できるように、リリースノートに加えられた変更を見直してください。これにより、より良いターゲットテストが可能になります。

手順3:APIキーの代わりにOAuthを使用するようにNetSuiteを構成する

  1. [設定] > [会社] > [一般]に移動し、[顧客の設定]に下にスクロールします。
  2. Coupa P 2 P + Expenses Bundleヘッダーで、ステップ1のOIDCクライアント識別子とクライアントシークレットを提供します。Coupa for NetSuiteでOAuthアカウントを作成します。また、CoupaインスタンスのベースURLをhttps ://{ your_instance }.coupahost.comの形で含めます。
    oauth-01.png
    メモ

    上記の3つのフィールドのいずれかが欠落している場合、NetSuiteはOAuthを使用して認証しません。

  3. 既存のCoupaスクリプトからAPIキーを削除するには、[カスタマイズ] > [スクリプト] > [スクリプト]にアクセスします。
    [スクリプト]ページが開きます。
  4. [スクリプトファイル]で[すべて]を選択し、[バンドル]から[84306]を選択ます。バンドルで使用されている
    oauth-02.png
    すべてのCoupa P 2 Pスクリプトが表示されます。
  5. スクリプトの[展開]リンクを選択します。[スクリプト
    oauth-03.png
    の展開]ページが開きます。
  6. 展開で[編集]を選択し、[パラメーター]を選択します。
  7. COUPA APIキーの値を空白にします。COUPA URLは変更しないでください
    oauth-04.png
  8. ステップ5に戻って表示された各Coupaスクリプトを繰り返します。

各スクリプトからCoupa APIキーを削除すると、NetSuiteはCoupaにアクセスするためのキーを使用できなくなり、OAuthに依存する必要がなくなります。

手順4 :テスト中に各スクリプトのOAuthログを確認する

  1. [カスタマイズ] > [スクリプト] > [スクリプト]に移動します
    [スクリプト]ページが開きます。
  2. [スクリプトファイル]で[すべて]を選択し、[バンドル]から[84306]を選択ます。バンドルで使用されている
    oauth-02.png
    すべてのCoupa P 2 Pスクリプトが表示されます。
  3. スクリプトの[展開]リンクを選択します。[スクリプト
    oauth-03.png
    の展開]ページが開きます。
  4. 展開 の[編集]を選択し、[実行ログ]を選択します。
    logging-01.png

OAuthを使用できるが、まだ構成されていないスクリプトには、上記のような非推奨通知があります。OAuthを完全に正しく実装すると、これらの通知は消えます。その後、代わりに200のOAuth応答コードが表示されます。

その他のリソース

関連アイテム


照会オプション

21 October 2016

クエリを使用して、必要なデータをすばやく特定して取得する方法をご覧ください。

特別措置とAPIメモ

21 October 2016

Coupa APIの使用方法に関する追加情報。

CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。