• 最終編集日時: 13 May 2022

申請書API (/ requisitions)

依頼APIを使用して、依頼の作成、更新、クエリを実行します。

依頼にアクセスするためのURLは次のとおりです: https :// {your_instance_name}/api/requisitions

詳細については、統合のベストプラクティスを参照してください。

申請書APIオブジェクト 

これは、UIから利用できる経費オブジェクトの完全なリストです。ただし、ここにリストされているすべてのオブジェクトにエンドポイントがあるわけではありません。オブジェクトによってのみ参照されるものもあり、直接更新することはできません。

メモ
  • 静的な勘定科目表を使用してこのAPIを送信する場合、含まれる区分値は既存の勘定科目からのものでなければなりません。
  • 動的な勘定科目表を使用してこのAPIを送信する場合、含まれるセグメント値は既存の勘定科目セグメントまたはルックアップ値と一致する必要があります。指定されたセグメント値に対してアカウントが存在しない場合、APIは自動的に作成します。

アクション

Requisitions APIを使用すると、次のことができます。

動詞 パス アクション 説明
プット /api/requisitions /: id/add_approver add_approver 申請の承認者を手入力で追加
投稿

/api/requisitions/add_to_cart

add_to_cart カートに追加
投稿 /api/requisitions 作成 下書きステータスの申請書を作成し、手動で送信する必要があります
取得 /api/requisitions/current_cart current_cart ユーザーの現在のカートを送信します。現在のカートがない場合は、作成して送信します
取得 /api/requisitions index 申請書のクエリ
取得 /api/requisitions/mine 鉱山 /api/requisitions/mine
プット /api/requisitions /: id/remove_approval remove_approval 手入力で追加された承認者を削除
プット /api/requisitions /: id/save_for_later save_for_later API申請書のために後で保存
取得 /api/requisitions /: id 表示 申請書を表示
投稿 /api/requisitions/submit_for_approval submit_for_approval 購買依頼を作成して、承認/バイヤーアクションのために送信しようとします
プット /api/requisitions /: id update 申請書を更新
プット /api/requisitions /: id/update_and_submit_for_approval update_and_submit_for_approval 申請書を更新して、承認申請を送信

要素

要素 説明 申請書 一意 許容値 In アウト データタイプ
承認 承認         はい 承認
current - parallel - approvals 現在の並列承認 はい 承認
承認者 承認者       はい   ユーザー 
添付ファイル 添付ファイル         はい 添付
buyer - note 購入者からのコメントまたはメモ       はい はい テキスト
created - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました         はい 日時
created - by 作成したユーザー はい     はい はい ユーザー
currency 通貨コード         はい USD
current - approval 現在の/保留中の承認         はい 承認
部署 申請部署       はい はい 部署
exported 取引がエクスポートされたか示します         はい boolean
external - po - reference 外部発注書参照。顧客が自動生成された発注番号を上書きする発注番号を提供できるようにします no はい 任意の はい   string (255)
hide - price サプライヤーに価格を表示しない。「はい」または「はい」 no no   はい   請求ヘッダー
iD Coupaの一意の識別子         はい 整数
理由 申請の理由のコメント       はい はい テキスト
line - count 申請書ヘッダー明細数 いいえ いいえ 任意の   はい 整数
マイルストーン マイルストーン       はい はい 購買::マイルストーン 
mobile - currency 既定の使用通貨         はい USD
mobile - total 合計         はい 小数
need - by - date アイテム要求期限日       はい はい 日時
pカード Pカードの名称       はい はい Pcard 
price - hidden サプライヤーに価格を非表示。「はい」または「はい」         はい boolean
receiving -warehouse - id 受領倉庫ID no no 任意の はい はい 整数
recurring - rules 繰り返し発生するルール         はい  
reject - reason - comment 最終却下理由コメント         はい string
req_title 申請書のオプションタイトル       はい はい string (50)
rEQUESTED - BY requested_by はい       はい ユーザー
申請者 requested_by はい     はい   ユーザー
requisition - lines requisition_lines はい     はい はい 申請明細
ship - to - address 住所の名前 はい     はい はい 住所
ship - to - Attention 出荷先住所の注意       はい はい string (255)
ステータス 取引ステータス。申請ステータスの詳細については、「申請ステータスの定義」を参照してください。  はい  
ドラフト、カート、PENDING_BUYER_ACTION、PENDING_APPROVAL、
aPPROVED ORDERED PARTIALLY_RECEIVED、R
放棄、バックグラウンド、撤回
  はい string (50)
submitted - at submitted_at         はい 日時
タグ         はい はい []
タグ         はい はい []
合計 自国通貨での合計         はい 小数
updated - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました         はい 日時
更新者: 更新したユーザー         はい ユーザー
user_members ユーザーメンバー         はい ユーザー
user_group_members ユーザーグループのメンバー         はい ユーザー
メモ

Created_by要素は、APIユーザーキーからデフォルトですが、Requisition APIによって上書きすることができます。Coupaサポートに連絡して、申請APIがAPIユーザーキー値を上書きできるようにします。 

メモ
  • 申請書行では、説明(自由形式)またはアイテム(カタログアイテム)のいずれかを使用できます。アイテムIDが使用されている場合は、そのアイテムが存在している必要があります。<source-type></source-type> は使用されず、無視されます。
  • 通貨、要求者のユーザー、およびサプライヤーは、アクティブのステータスを持つシステムに存在する必要があります。 
  • 項目:希望のサプライヤーと価格がアイテムに利用可能な場合、単価が指定されていない限り、それが使用されます。単価が指定された場合、アイテムで利用可能な既定の価格が上書きされます。説明とアイテムを指定することはエラーではありませんが、アイテムを使用すると、説明フィールドに渡されたを無視して、アイテムの説明に説明を設定します。
  • 既定値:XMLで特に指定されていない限り、システムはシステム内の関連するデフォルト設定を尊重します。サプライヤーレコードからの支払と配送条件のデフォルト設定など。
  • 項目番号:APIは、line - numが新しい行番号ごとに1ずつ増加することを期待しています。同じ行番号を使用する場合、同じ番号の他のすべての行は無視されます。
  • バージョン30.2.2リリースアップデートの一環として、リクエスト元のコンテンツグループ以外のユーザーの申請書を作成できなかった問題を解決しました。申請書APIは、UIの機能を反映しています。 
  • バージョン34.4.0リリースアップデートの一部として、申請書APIを使用して、別の申請書から行を挿入して新しい申請書を作成することができます。ソース申請書のステータスが下書きの場合にのみ使用します。申請書のステータスが下書きでない場合、申請書からの行を参照して別の新しい申請書を作成することはできません。「作成者」ユーザー

    がAPIを介して設定されている場合、そのユーザーのコンテンツグループアクセスは、申請書の作成について検証されます。参照用に次の表を参照してください。
aPIを介して_オーバーライド_で_作成_を許可する クリエイターはコンテンツグループ経由でアクセスできます 申請者はコンテンツグループ経由でアクセスできます APIによる作成を許可する
TRUE はい 該当なし はい
TRUE N 該当なし N
該当なし 該当なし はい

サプライヤー品目のデフォルトの動作

数量ベースの明細を含むリクエストがAPIを介して作成されると、サプライヤーアイテムは次の規則を使用してリクエスト明細にデフォルト設定されます。

APIペイロード 予想結果
アイテムID 優先または最低価格のサプライヤーアイテム
項目ID、サプライヤー 入力されたサプライヤーIDに一致する優先または最低価格のサプライヤーアイテム
アイテムID、サプライヤー、ソースの部品番号 入力されたサプライヤーIDとソース部品番号に一致する優先または最低価格のサプライヤーアイテム
アイテムID、サプライヤー、ソース品番、サプライヤー補助品番 入力されたサプライヤーID、ソース品番、およびサプライヤー予備品番に一致する優先または最低価格のサプライヤー品目
アイテムID、サプライヤー、契約 入力されたサプライヤーIDと契約IDに一致する優先または最低価格のサプライヤーアイテム
アイテムID、サプライヤー、契約、価格 提供されたサプライヤーIDと契約IDに一致する優先または最低価格のサプライヤーアイテム(価格は一致で使用されていません)
アイテムID、サプライヤー、契約、ソースの部品番号 提供されたサプライヤーID、契約ID、およびソース品番と一致する優先または最低価格のサプライヤー品目
アイテムID、サプライヤー、契約、ソース品番、サプライヤー補助品番 入力されたサプライヤーIDと契約ID、ソース品番、サプライヤー予備品番に一致する優先または最低価格のサプライヤー品目
メモ
  • サプライヤーアイテムがカタログに関連付けられている場合、カタログは「承認済み」ステータスであり、現在の日付はカタログの開始日と終了日の範囲内である必要があります。
  • サプライヤーアイテムが契約に関連付けられている場合、契約は「公開」状態でなければならず、現在の日付はカタログの開始日と終了日の範囲内でなければなりません。

関連アイテム


CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。

タグ付けAPI

24 April 2017

タグ付けAPIを使用して、タグを取り込み、サードパーティシステムにエクスポートします。

論争の理由API

05 August 2017