• 最終編集日時: 03 February 2019

為替レートのインポート

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

概要

為替レートインポートプロセスは、からファイルを読み取ります。SFTPの/Incoming/ExchangeRates /。これらのファイルはにあるアーカイブフォルダに移動されます。/着信/アーカイブ/ExchangeRates/英数字の順序で処理される前に。

Coupaでは、既存の為替レートの変更をサポートしておらず、新しいレートの作成のみをサポートしています。

メモ

為替レートローダーは、一方向の為替レートの作成のみをサポートします。たとえば、ローダーにEUR > USDのレートを含めると、Coupaインスタンスにそのレートが設定されますが、逆レート(USD > EUR)は作成されません。含めるには、USD > EURを明示的に含める必要があります。

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 使用可能な値
換算元通貨* ソース(ベース)通貨コード。 TRUE string (6) 通貨コードはCoupaに存在する必要があります
換算先通貨* ターゲット通貨コード。 TRUE string (6) 通貨コードはCoupaに存在する必要があります
レート* 為替レート TRUE 小数( 30,9 ) any
レート日付*

為替レート有効開始日

メモ

許容される値はYYYYY - MM - DDTHH : MM: SS + HH: MMですが、レート日付列は日付と時刻を1日の始まり(つまり00:00 )に設定します。

TRUE TRUE 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
  • Inhalt