税金コード規則のインポート

請求書の税金明細は、この表で定義して読み込む税金コード規則に従って自動的にコーディングされます。

概要

請求書の税金行は、ERPから税金コードにリンクする税金行を見つけるために、すべての税コードルールに対して評価されます。税明細が適切にエンコードされている場合、企業はERPを使用してVAT源泉徴収を回収することがより簡単にできます。 

受け取ったすべてのコンプライアンス請求書は、すべての税法規則行に対して評価されます。いずれかの税金明細が行のすべての税金コード規則フィールドエントリと一致する場合、その税金コードリンクが適用されます。

仕組み

このレコードで定義された税コードルールは、すべての行フィールドエントリが税品目と一致する場合、請求明細と請求ヘッダーに適切な税コードを設定するために使用されます。

Coupa UI  (/ tax_code_rules)を使用して、CSVフラットファイルアップロードによって税金コード規則を作成および修正できます。SFTPを使用して税コードルールを読み込むことはできません。

請求書が初回送信されると、税金コードの規則が適用されます。その後、詳細または規則が更新または変更された場合、適切な権限を持つユーザーは、[税コード規則を適用]ボタンをクリックして、税コード規則を介して請求書を再実行できます。Coupaは、インボイスワークフローの各ステップでルールに基づいてインボイスを実行しません。各フィールドの詳細については、「税金コード規則」を参照してください

メモ

  • 以下の列の順序は、CSVテンプレートのダウンロードに表示されている順序を反映していません。CSVファイルアップロードの列の順序は関係ありません。
  • 表の上部に表示されるフィールド:ID、Name、Effective Date、End Date、Active、Priority、Tax Code、Tax Country Codeは、税金コード規則に関するメタデータで、税金コードの値は、他のフィールドで設定された税金コード規則値と一致する請求書の税金品目に適用されるタグまたはリンクです。 
  • 残りのフィールドで設定された値は、定義されたすべての値が、税金コード規則が適用される請求書税明細と一致する必要があるセットとして評価されます。

キー 

  • 名前

検証

Coupaは、フィールドを使用して既存のレコードを検索します。

カラム名 申請済み 一意 フィールドタイプ フィールドの説明 使用可能な値
税金コード* はい いいえ 必須。適用される税金コード。通常、バイヤーのERP税コードに基づいて定義された値。
税金コードの国/地域コード いいえ いいえ 税金コードの国。国に固有でない場合は、空白のままにします 有効なISO国コードのみ。国別でない場合は空白のままにします。
勘定科目表* はい いいえ string (255) 必須。この税コード規則が適用される勘定科目表に名前を付けます。 このルールが適用される勘定科目表の名前
バイヤーの税務登録番号 いいえ いいえ

このルールが適用される購入者の税務登録番号。

デフォルトのプレゼンテーションで「請求先住所」が有効な場合にのみ、購入者が作成した/非準拠の請求書に適用されます。

このルールが適用される購入者の税務登録番号
税率の種類の国コード いいえ いいえ 税金タイプの国コード( CSPおよび準拠請求書のみ) 有効なISO国コードのみ。
税率の種類の説明 いいえ/
はい
いいえ 税金の種類- CSPおよび準拠する請求書の場合のみ、VAT、税金、GST、PSTなど。税率の種類の国/地域コードが使用されている場合は必須です。 VAT、税金、GST、PSTなど
品目カテゴリー名 いいえ いいえ string (255) 品目カテゴリー名
サプライヤー名 いいえ いいえ string (255) サプライヤー名
現金会計スキーム参照 いいえ いいえ このルールが適用される現金会計スキーム参照 任意の
税参照 いいえ いいえ string (255) このルールが適用される税に関する参照 任意の
サプライヤーの税務代理人の国/地域コード いいえ いいえ サプライヤーの税務代理人の国/地域コード- CSPおよび準拠した請求書のISOアルファ2、アルファ3、または数値コード。 ISOアルファ2、アルファ3、または数値コード
バイヤーの税務代理人の国/地域コード いいえ いいえ 購入者の税務代理人の国/地域コード- ISOアルファ2、アルファ3、または数字コード
経費カテゴリーキー はい いいえ 税コードを経費カテゴリに関連付けます。 any
管轄区域発生国コード いいえ いいえ 管轄区域発生国コード ISOアルファ2、アルファ3、または数値コード
管轄区域宛先国コード いいえ いいえ 管轄区域宛先国コード ISOアルファ2、アルファ3、または数値コード
有効日* はい いいえ 日時 必須。ルールが有効になる日付 MM/DD/YYYY
優先度* はい いいえ 整数 必須。1から100までの数値の優先順位。優先度1が優先されます。50がデフォルトです。 1から100までの数値の優先順位。優先度1が優先されます。50がデフォルトです。
管轄 いいえ いいえ string (255)

国内、EU域内、クロスボーダーに準拠している必要
はありませんが、CSPを介している必要があります。

intra_eu、domestic、cross_border、domestic、Intra - EU、Cross - Border、interstate、intstate
カテゴリー いいえ いいえ string (255) 物品またはサービス 商品、サービス、金銭、その他
下位カテゴリー いいえ いいえ string (255) [原材料]、[投資財]、[サービスの例外] raw_materials、investment_goods、services_exceptions
控除可能 いいえ いいえ string (255) [完全]、[部分]、[なし] full_deductible、partially_deductible、not_deductible、Fully、Partially、Not
税率 いいえ いいえ string (255)

数値、免除、またはリバースチャージとしての税率。
フィールドは、コンプライアンスに準拠した請求書にのみ入力する必要がありますが、すべてに利用可能となっています。

数値、税控除、リバースチャージ、または範囲外の税率
文書タイプ いいえ いいえ string (255) 文書のタイプ-請求書、経費 任意の
管轄区域発生国の都道府県 いいえ いいえ string (255) 管轄区域発生国の都道府県
管轄区域宛先国の都道府県 いいえ いいえ string (255) 管轄区域宛先国の都道府県
顧客の会計 いいえ いいえ boolean 税率が顧客会計であるかどうか any
ID いいえ はい 整数

Coupaの一意の識別子。アップロード時に空白の場合は、新規ルールが作成されます。入力された場合、そのIDを持つ既存のルールが更新されます。

システム割り当て整数
名前 いいえ いいえ string (255) 一意のルール名 一意の値
勘定科目区分1 いいえ いいえ string (255) 勘定科目表セグメント1の値 勘定科目表セグメント1の値
勘定科目区分2 いいえ いいえ string (255) 勘定科目表セグメント2の値 勘定科目表セグメント2の値
勘定科目区分3 いいえ いいえ string (255) 勘定科目表セグメント3の値 勘定科目表セグメント3の値
勘定科目区分4 いいえ いいえ string (255) 勘定科目表セグメント4の値 勘定科目表セグメント4の値
勘定科目区分5 いいえ いいえ string (255) 勘定科目表セグメント5の値 勘定科目表セグメント5の値
終了日 いいえ いいえ 日時 ルールが無効化される日付
有効 いいえ いいえ boolean ルールを評価すべきかどうか はい、いいえ

関連アイテム


税率のインポート

27 April 2020

税率統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

税金コードのインポート

08 October 2020

税コード統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

オブジェクトの翻訳のインポート

01 May 2021

オブジェクト翻訳統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

オブジェクトインスタンスインポート

20 December 2021

オブジェクト翻訳統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。