LMPLANNING -流動性計画データのインポート

フォーマットの説明

PDFのバージョン

LMPLN 8 

# 名前 タイプ 必須の コメント
1 値の日付 日付 はい 計画キャッシュフローの期日。
2 金額 float はい  
3 通貨 char - 3 はい ISOコードとしての通貨。
4 カテゴリー 整数 いいえ Coupa Treasuryで定義されている計画カテゴリーのID番号。Planning & Risk > Configuration > Planning Structuresでエンティティに割り当てられているカテゴリのみが許可されています。
5 勘定科目名 char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されているアカウントの名前。
6 注記 char - 400 いいえ  
7 ヘッジ名 char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されている、基礎となるヘッジ割り当ての略。
8 プロジェクト char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されているプロジェクトの内部参照。

LMPLN 9

# 名前 タイプ 必須の コメント
1 値の日付 日付 はい 計画キャッシュフローの期日。
2 金額 float はい  
3 通貨 char - 3 はい ISOコードとしての通貨。
4 カテゴリー 整数 いいえ Coupa Treasuryで定義されている計画カテゴリーのID番号。Planning & Risk > Configuration > Planning Structuresでエンティティに割り当てられているカテゴリのみが許可されています。
5 勘定科目名 char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されているアカウントの名前。
6 注記 char - 400 いいえ  
7 ヘッジ名 char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されている、基礎となるヘッジ割り当ての略。
8 プロジェクト char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されているプロジェクトの内部参照。
9 取引先 char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されている内部取引先の略。

LMPLN 15

# 名前 タイプ 必須の コメント
1 値の日付 日付 はい 計画キャッシュフローの期日。
2 金額 float はい  
3 通貨 char - 3 はい ISOコードとしての通貨。
4 カテゴリー 整数 いいえ Coupa Treasuryで定義されている計画カテゴリーのID番号。Planning & Risk > Configuration > Planning Structuresでエンティティに割り当てられているカテゴリのみが許可されています。
5 勘定科目名 char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されているアカウントの名前。
6 注記 char - 400 いいえ  
7 ヘッジ名 char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されている、基礎となるヘッジ割り当ての略。
8 プロジェクト char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されているプロジェクトの内部参照。
9 取引先 char - 50 いいえ Coupa Treasuryで定義されている内部取引先の略。
10 ポートフォリオ char - 50  いいえ Coupa Treasuryで定義されているポートフォリオの内部参照。
11 レート char - 50 いいえ  
12 確率 整数 いいえ  
13 総勘定元帳 char - 50 いいえ  
14 非アクティブ 整数 いいえ  
15 エンティティ char - 50 はい サーバーインポートにのみ必須です。

フィールド定義明細を削除

# 名前 タイプ 必須の コメント
1 エンティティID char - 50 はい 略語/会社コード。
2 x、y、またはz char - 1 はい x –すべてのデータセットを削除します。
y –サーバーインポートからすべてのデータセットを削除します。
z –ファイルインポートからすべてのデータセットを削除します。
3 カテゴリID 整数 いいえ ID -空白の場合は、すべてを選択します。
4

ValueDateFrom

日付 いいえ データセットが削除される(含まれる)日付を定義します。空の場合、プランの最初からValueDateToまでのすべてのデータセットが削除されます。
5 ValueDateUntil 日付 いいえ データセットが削除される(含まれる)日付を定義します。空の場合、ValueDateFromの先頭からすべてのデータセットが削除されます。

機能のインポート

インポート機能は、Planning & Risk > Liquidity Planning > Liquidity Planning Dataにあります

インポート機能は、標準のテキスト形式でファイルを処理します。

  • ASCII
  • Unicode

既に存在するデータセットは、2回目のインポート時に上書きされませんが、リストに追加されます。

最大ファイルサイズ:2.1 MB

ファイルには、1つの特定のエンティティの流動性計画データが含まれています。

計画データのインポートは、計画カレンダーで定義されている期間でのみ可能です。プランニングレコードがプランニングカレンダーの期間と一致しない場合、無視されます。

FXレートは、計画カレンダーの各期間で利用可能である必要があります。

フォーマットルール

各流動性計画ファイル形式名は、それに含まれるフィールドの数を示します( LMPLN 8には8つのフィールドが含まれ、LMPLN 15には15のフィールドが含まれます)。ファイルのフィールド数が予想を超えている場合、Coupa Treasuryはエラーメッセージを表示します。

cash_flow_import_wrong_number_of_fields.png

ファイルには、ヘッダーやフォーマットの説明を含めることはできません。

上記の表では、「char」の値は、インポートされたファイル内のそのフィールドの最大長が何文字であるかを示しています。

ファイルの各行には、ちょうど1つのデータセットが含まれています。

  • ASCIIコード13 :キャリッジリターンは、データセットの終了を示します。
  • ASCIIコード10 :改行は、データセットの終了を示します。
  • 最後のデータセットは、ファイル終了( EOF )で終了します。

[ファイルのインポート]ダイアログで変数のフォーマットを選択します。

LMPLN_import_settings_R31.png

フィールドセパレータは、そのファイル内の他のコンテンツまたはフォーマット設定には使用できません。

固定の長さが許可されますが、それでもフィールドセパレータが必要です。

曜日と月は常に2桁の値ですが、年は4桁です。日付区切り記号、日付シーケンス、およびファイル形式は、ユーザー設定と一致する必要があります。 

  • Entity –データセットに割り当てられたエンティティ
  • フィールド区切り文字 セミコロン(;)、カンマ(,)
  • 日付区切り文字–スラッシュ(/)、ピリオド(.)、カンマ(,)、 < none >
  • プラン–流動性プラン名
  • 小数点以下のマーカー–ピリオド(.)、カンマ(,)
  • 日付シーケンス– mdy、dmy、ymd
  • ファイルフォーマット– ASCII、Unicode
  • バージョン– LMPLN 8、LMPLN 9、LMPLN 15
  • エンティティ識別–略語または会社コード

メモ:小数点を含まない数値の場合、小数点記号はオプションです。千単位の区切り記号を使用したり、テキストを引用符で囲んだりしないでください。マイナス記号(-)で負の金額をマークします。

例のデータセット

任意のフォーマットバージョンでは、必須でないデータフィールドは空であってもよい。空のフィールドには引き続きフィールドセパレータが必要です。以下のサンプルデータセットには、空のフィールドを持つ例が含まれています。

LMPLN 8 

2021年5月17日; 24738.45;ユーロ; 15;;現金プール送金;; Fibuプロジェクト

2021年5月17日; 12000; EUR;;;;; 

明細を削除 

1カ月間のすべてのデータセットと1つのアカウントの削除:

航空機; x;; 2021年5月1日; 2021年5月31日

関連アイテム


システム-マーケットデータのインポート

02 September 2021

ICネット-支払いのエクスポート- CSV形式

14 May 2021

キャッシュフローのエクスポート- CSV形式

26 July 2021

ホリデーインポートCSV形式

26 July 2021