• 最終編集日時: 29 September 2020

CSO API

CSO APIの簡単な説明です。

Coupa Sourcing Optimization APIは、RESTful Webサービスによって仲介されるファクトシートからのデータのインポートとエクスポートに基づいています。CSOとサードパーティシステム間のデータフローを可能にするために使用できます。

OpenAPIスキーマは、すべてのCSOサイト(https ://{ name_of_cso_site }/ openapi.html)で利用できます。ドキュメントには、アクセス可能なデータタイプ(市場、ユーザー、ファクトシートなど)と、それぞれに許可されているリクエストが記載されています。要求をクリックすると、JSON形式を説明するスキーマが開きます。

APIコールがビジネスニーズを適切に満たすように構成されていることを確認するには、CSOサービスチームと一緒にセットアップを行う必要があります。Coupaの担当者に連絡して、作業の計画を開始してください。

テンプレートで推奨されるタグ: article: topic

 

関連アイテム


照会オプション

21 October 2016

クエリを使用して、必要なデータをすばやく特定して取得する方法をご覧ください。

特別措置とAPIメモ

21 October 2016

Coupa APIの使用方法に関する追加情報。

CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。