• 最終編集日時: 21 October 2016

特別措置とAPIメモ

Coupa APIの使用方法に関する追加情報。

特定の機能またはアクションはAPI経由で利用可能であり、追加の説明が必要です。これらは以下に文書化されています。オブジェクトをエクスポート済みとして

マーク-オブジェクトをエクスポート済みとしてマークするには、独自の要求が必要です。更新時に含まれるその他の変更は無視される場合があります。 

  • パラメーター としてexported = trueを指定して、レコードのURLに置きます。
    HTTP PUT --> https ://.coupahost.com/api/purchase_orders/25?exported=trueここで<example>、25はエクスポートする発注書番号です。
     

承認のために申請書を提出- API経由で作成された申請書は、承認のために自動的に提出できます。申請書を提出するには、申請書を作成するときにURLに次のものを追加します。"/ new/submit_for_approval "

  • HTTP POST --> https<example> ://.coupahost.com/api/requisitions/new/submit_for_approval

領収書を無効にする(リリース008 ) -既存のInventory_TransactionsはAPI経由で無効にできます。領収書に記載する際は、URLに以下を追加してください。/void

  • HTTP PUT -> https ://.coupahost.com/api/inventory_transactions/123/void 123<example>は領収書のCoupa IDです。

発注書バージョン-発注書を編集すると、新しい発注書バージョン(サプライヤーに再送)が作成され、エクスポートされたフラグがfalseにリセットされます。

エラー応答-エラーが発生した場合、Coupaは次の形式でメッセージを返します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<errors>

   <error>これは、APIからのエラーメッセージのサンプルです。</error>

</errors>

メモ

Coupaは一般に、顧客のERPシステムからサプライヤーにPOを発行するのではなく、顧客がCoupaのシステムからサプライヤーにPOを送信することをお勧めします。

関連アイテム


照会オプション

21 October 2016

クエリを使用して、必要なデータをすばやく特定して取得する方法をご覧ください。

CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。

タグ付けAPI

24 April 2017

タグ付けAPIを使用して、タグを取り込み、サードパーティシステムにエクスポートします。