サービス/タイムシートのインポート

経費レポートローダーは、次の3つのヘッダー行を使用します。サービス/タイムシートのヘッダー、タイムシート明細、サービス明細。

概要

このローダーは、Serices Maestroのお客様にご利用いただけます。

サービス/タイムシートのインポートプロセスは、からファイルを読み取ります。標準SFTPセットアップの/Incoming/ServiceTimeSheets。これらのファイルはにあるアーカイブフォルダに移動します。/Incoming/Archive/ServiceTimeSheetsを英数字で処理します。

Coupaインスタンスでこの統合オブジェクトを見つけることもできます:
https ://{ your_instance }/ integration_documents/bulk_show/WorkConfirmation:: Header

サービス時間/シートヘッダー

カラム名 説明 申請書 一意 タイプ 使用可能な値
サービス/タイムシートの見出し 行のタイプを指定します。 string (255) サービス/タイムシートの見出し
発注番号 関連するPOのPO番号 string (20) 任意の
サプライヤー名 サプライヤー名 string (100) 任意の
サプライヤー番号 財務システムのサプライヤー番号との相互参照に使用されます。 (string 255) 任意の
外部参照 外部参照 string (255) any

タイムシート明細

カラム名 説明 申請書 一意 タイプ 使用可能な値
タイムシートの明細 行のタイプを指定します。 string (255) タイムシートの明細
発注明細行番号 関連するPO行の行番号 string (20) any
週の開始日 作業を開始した日付。未来にはできません。 日付 未来なんてありえない。フォーマットはダッシュを含む必要があります。許可される形式は次のとおりです。
  • dd - mm - yyyy
  • mm - dd - yyyy
  • yyyy - mm - dd
1日目 働いた時間。すべての日の合計時間は0より大きい値にしてください。 小数( 30,3 ) 任意の
2日目 働いた時間。すべての日の合計時間は0より大きい値にしてください。 小数( 30,3 ) 任意の
3日目 働いた時間。すべての日の合計時間は0より大きい値にしてください。 小数( 30,3 ) 任意の
4日目 働いた時間。すべての日の合計時間は0より大きい値にしてください。 小数( 30,3 ) any
5日目 働いた時間。すべての日の合計時間は0より大きい値にしてください。 小数( 30,3 ) 任意の
6日目 勤務時間。すべての日の合計時間は0より大きい値にしてください。 小数( 30,3 ) 任意の
7日目 働いた時間。すべての日の合計時間は0より大きい値にしてください。 小数( 30,3 ) 任意の
マイカスタムフィールド カスタムフィールド 任意の
メモ

1 日目は常に週の最初の日です。現在は常に日曜日ですが、今後のリリースでは、1日目の実際の日(日曜日、月曜日など)は地域によって決定される場合があります。

サービス品目

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 使用可能な値
サービス項目 行のタイプを指定します。 string (255) サービス項目
価格 サービス数量品目の場合、POの品目と一致する必要があります。サービス金額明細では、任意の有効な金額です。 小数( 30,6 ) any
通貨 発注明細の通貨コードと一致する必要があります string (6) 任意の
数量 金額ベースの項目の場合、空欄にしてください 小数( 30,6 ) any
実際の完了分 作業が完了した日時 日時 任意の
数量単位 サービス数量明細の場合、発注明細と一致する必要があります。サービス金額明細の場合は、空白にする必要があります。 string (100) 任意の

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。