カスタムフィールドの名前空間

すべての新しいカスタムフィールドは、名前の競合を回避し、顧客が追加したフィールドを識別しやすくするために、カスタムフィールドの名前空間に追加されます。

概要

Coupa 21より前は、追加したカスタムフィールドはすべてAPIグローバルの名前空間に含まれていました(ルート要素から外れていました)。これにより、Coupaの標準フィールドと、顧客が追加したフィールド(存在する場合)を特定することが困難になりました。これで、新しいカスタムフィールドが <custom-fields> 親要素に追加されます。

ワクチンの仕組み

既存のカスタムフィールドやカスタムフィールドの追加方法は変更されませんが、作成した新しいカスタムフィールドは、APIに表示されたときに折り返されます(API )。

UIで

R 21より前に追加されたカスタムフィールドを編集すると、[APIグローバル名前空間]チェックボックスがオンになっていることがわかります。これ は、カスタムフィールドがカスタムフィールドの名前空間に含まれておらず、常に機能していることを意味します。このチェックボックスをオフにして変更を保存すると、従来のカスタムフィールドがカスタムフィールドの名前空間に追加されます。

新しく作成されたカスタムフィールドには、APIグローバル名前空間オプションがありません。デフォルトでは、新しいカスタムフィールドの名前空間にあります。既存のカスタムフィールドのグローバル名前空間オプションを無効にすると、それらはカスタムフィールドの名前空間に配置され、チェックボックスは消え、グローバル名前空間に戻すことはできなくなります。

メモ

経費カテゴリーのカスタムフィールドと出席者タイプのカスタムフィールドは、カスタムフィールドの名前空間に追加されることをまだサポートしていません。

統合

カスタムフィールドでAPIグローバル名前空間オプションが有効になっている限り、インテグレーションは引き続き古い形式をサポートします。新しい形式では、統合オブジェクトの新しいカスタムフィールドのAPIをラップします。以下の例では、これがどのようなものになるかを示しています。

APIの場合、Coupaは設定に関係なく、新しい名前空間で既存のカスタムフィールドをサポートします。カスタムフィールドが新しいフォーマットと古いフォーマットの両方で渡された場合、Coupaは新しいフォーマットを利用し、古いフォーマットを無視します。

XMLを使用したAPIの例

APIの場合、新しいカスタムフィールドは親 <custom-fields> 属性でラップされます。

<custom-fields>

		最初のカスタムフィールドの<custom-field-1>名前</custom-field-1>

		2番目のカスタムフィールドの<custom-field-2>名前</custom-field-2>

</custom-fields>

JSONを使用したAPIの例

APIの場合、新しいカスタムフィールドは親カスタムフィールド属性に含まれます。

{

	"custom - fields ": {

		"custom - field -1 ":"最初のカスタムフィールドの名前",

		"custom - field -2 ":「2番目のカスタムフィールドの名前」

	}

}	

関連アイテム


ソーシングAPI (/ quote_requests)

03 September 2021

Coupa Sourcing APIを使用して、新しいRFxイベントを作成し、サプライヤーの回答を確認し、ラインレベルでサプライヤーを授与します。

プロジェクトAPI (/ projects)

22 December 2021

プロジェクトAPIを使用して、Coupa内のプロジェクトを作成または更新します。

タスクAPI (/ tasks)

22 December 2021

ユーザーAPIを使用すると、ユーザーを作成、更新、またはクエリできます。

API返品形式

03 February 2022

Coupaの浅いAPI形式を使用して、クエリ中に取得するデータ量を減らします。