• 最終編集日時: 05 February 2019

アドレスのインポート

会社のアドレスローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

概要 

アドレスインポートプロセスは、からファイルを読み取ります。SFTPの/Incoming/Addresses/です。これらのファイルはにあるアーカイブフォルダに移動します。/着信/アーカイブ/住所/英数字の順序で処理される前に。

メモ
  • Coupaでアクティブな住所記録に対してのみ更新を実行できます。非アクティブなアドレスが更新されると、新しいレコードが作成されます。
  • このローダーを使用してサプライヤー住所を更新することはできません。 

キー

ID,所在地コード, [Name, Line 1, Line 2, City, State, Postal Code, Country Code ', Attention]

検証

「ID」を使用して何でも更新できます。「ロケーションコード」を使用して、すべてのフィールド(「ID」を除く)を更新できます。[ID]または[Location Code]をお持ちでない場合は、[Name, Line 1, Line 2, City, State, Postal Code, Country Code ', Attention]の組み合わせを使用して既存の住所を検索します。見つからない場合は、新しいレコードを作成します。

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 許容値
名前 ビジネスエンティティの住所名 はい いいえ string (255)
ID これは、新しいビジネスエンティティレコードが作成されたときにCoupaが割り当てる一意の識別子(データベースID )です。変更はできませんが、レコードの更新に使用できます。 いいえ はい integer (11) ひとつもない。Coupaによって割り当てられました。
有効 [いいえ]を選択すると、アドレスが非アクティブになり、ユーザーは使用できなくなります。[はい]を選択すると、アクティブになり、ユーザーが利用できるようになります。 いいえ いいえ boolean はい、いいえ/正しい、誤り/Y、N/T、F
住所1 事業体の住所1 はい いいえ string (255)
住所2 事業体の住所2 いいえ いいえ string (255)
市区町村 ビジネスエンティティの住所、市区町村名 はい いいえ string (255)
都道府県 ビジネスエンティティの住所の都道府県の略語 いいえ いいえ string (255)
都道府県ISOコード 都道府県のISOコード いいえ いいえ string (255)
郵便番号 法人の住所の郵便番号 はい いいえ string (255)
国/地域コード 事業体のISO国コード。Coupaに既に存在する必要があります。 はい いいえ string (4) 任意のISO 3166 -1 2文字国コード
宛先 住所の既定の宛先ライン いいえ いいえ string (255)
コンテンツグループ

複数のコンテンツグループを指定する場合は、コンマを使用して各コンテンツグループ名を区切ります。コンテンツグループ名ごとに最大100文字。

いいえ いいえ string (100)
ロケーションコード ERPアドレスコードのオプションフィールド いいえ はい string (255)
VAT ID 一般的に、Coupaサプライヤーポータルから税務登録テーブルに同期されているサプライヤー値のフィールド。手動での変更の可能性を減らすために、UIではフィールドを使用できません。 いいえ いいえ string (255)
地方税番号 一般的に、Coupaサプライヤーポータルから税務登録テーブルに同期されているサプライヤー値のフィールド。手動での変更の可能性を減らすためのフィールドはUIでは利用できません。 いいえ いいえ string (255)
税務代理人の住所 いいえ いいえ

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。