• 最終編集日時: 16 August 2022

APIオペレーター

Coupaは、正確なクエリを可能にするために、多くの演算子をサポートしています。

Coupaは、正確なクエリを可能にするために、多くの演算子をサポートしています。

 

(none/default)完全一致/等価

例: https://example.coupahost.com/api/purchase_orders?id=100

Coupa IDが100の発注書を返す


含む (日付時刻では利用できません)

例: https://example.coupahost.com/api/suppliers?name [含む]=.com

例は、「サプライヤー名」フィールドに「.com」を含む最初の50のサプライヤーを返します。


starts_with (datetimeには使用できません)

例: https://example.coupahost.com/api/budget_lines?notes [starts_with] = SAN % 20フランシスコ

例では、最初の50行の予算を「サンフランシスコ」で始まるメモを返します


ends_with (datetimeには使用できません)

例: https://example.coupahost.com/api/items?name [ends_with] =グレー

例では、名前が「Gray」で終わる最初の50個のアイテムを返します。


gt -より大きい(>)

例: https://example.coupahost.com/api/purchase_orders/version [gt ]= 1

例は、リビジョンが2以上(> 1 )の最初の50の発注書を返します。


lt -より小さい(<)

例: https://example.coupahost.com/api/suppliers?updated-at [lt] = 2010 -01 -15

例では、2010年1月15日以前に最後に更新された最初の50のサプライヤーレコードが返されます。


gt_or_eq -次以上(>=)

例: https://example.coupahost.com/api/purchase_orders/version [gt_or_eq] = 3

例は、リビジョンが3以上(>= 3 )の最初の50の発注書を返します。


lt_or_eq -次以下(<=)

例: https://example.coupahost.com/api/purchase_orders/version [lt_or_eq] = 1

例は、2010年1月15日以前に最後に更新された最初の50のサプライヤーレコードを返します。


not_eq - (!=)と等しくありません

例: https://example.coupahost.com/api/purchase_orders?status [not_eq] = active

例では、「アクティブ」ステータスではない最初の50のサプライヤーレコードを返します


in - in演算子を使用すると、複数の値を指定できます(複数のOR条件の省略形)

例: https://example.coupahost.com/api/invoices?account-type [name] [in] = SAP 100, SAP 200

例は、勘定科目表の名前がSAP 100またはSAP 200である最初の50の請求書レコードを返します


空白( datetimeでは使用できません) - true/false演算子は、フィールドが空白であるかどうかを決定します。

例: https://example.coupahost.com/api/suppliers?po-email [blank] = true

例では、最初の50のサプライヤーレコードを空のPOメールアドレスで返します

関連アイテム


照会オプション

21 October 2016

クエリを使用して、必要なデータをすばやく特定して取得する方法をご覧ください。

特別措置とAPIメモ

21 October 2016

Coupa APIの使用方法に関する追加情報。

CoupaでのXMLとJSONの違い

16 December 2016

連携実行API

24 April 2017

このAPIを使用して、統合実行の作成、クエリ、更新、およびステータスの更新を行います。