リスクアセスメントクイックインテグレーションを始めましょう

Risk Assessのクイック統合インポート、認証方法、コンテンツタイプ、例外処理とエラーコードについて説明します。

概要

クイック統合インポートにより、CRAユーザーはHTTPSプロトコルを介してスプレッドシートを直接アップロードできます。これにより、顧客はインターフェースを必要とせずに自動化された方法でインバウンドインポートを実行することができます。以下に、さまざまな一般的なプログラミング言語を使用してこれをどのように実行するかの実例を提供するさまざまなコードスニペットがあります。

認証

成功するためには、発行された各リスクアセスメントクイックインテグレーションリクエストに対して有効な資格情報が提供されなければなりません。

提供されるリスク評価ユーザーは、「QuickIntegration」グループまたは「QuickIntegration - Engagements」グループのいずれかのメンバーである必要があります。QuickIntegrationグループを使用すると、アカウントはすべてのQuickIntegrationリソースにアクセスできます。QuickIntegration - Engagementsグループは、Quick Integration Engagementsリソースにのみアクセスできます。これらのグループが現在リスク評価インスタンスに存在しない場合は、地域のリスク評価管理者またはCoupaカスタマーサービス担当者に連絡して作成を依頼してください。

HTTPヘッダー 説明
ユーザー名 有効なRisk Assessユーザー名
パスワード 有効なRisk Assessパスワード

内容タイプ

コンテンツタイプヘッダーには、以下に示すタイプの1つが含まれている必要があります。これは、アップロードされているファイルフォーマットを識別するために使用されます。

メモ

オクテットストリームとしてデータを送信する場合は、Content - Dispositionヘッダーにファイル名が必要です。

内容タイプのヘッダー ファイルの種類
application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet Excel 2007以降のバージョン(xlsx)
application/vnd.ms-excel Excel 2003以前のバージョン(xls)
text/csv カンマ区切りの値(csv)
application/octet - stream Content - Dispositionのファイル名値によって決定されるファイル形式。
例: Content - Disposition: form - data; name =" file "; filename =" user_import.xlsx "

コードサンプル

Java

パッケージhttpPostExample; import java.io.File; import org.apache.http.HttpEntity;

import org.apache.http.HttpResponse;

import org.apache.http.client.HttpClient;

import org.apache.http.client.methods.HttpPost;

import org.apache.http.entity.mime.HttpMultipartMode;

import org.apache.http.entity.mime.MultipartEntityBuilder;

import org.apache.http.entity.mime.content.FileBody;

import org.apache.http.impl.client.HttpClientBuilder;

import org.apache.http.protocol.BasicHttpContext;

import org.apache.http.protocol.HttpContext;

import org.apache.http.util.EntityUtils;公開クラスuploadFile

{

		public static void main (文字列[]引数)

		{

				試してみる

				{

						String url = "https://rportal.hiperos.com/QuickIntegration/Suppliers ";

						String filePath = "c:\\ hiperos\\ outbox\\ Suppliers_import.xlsx ";						 HttpClient httpClient = HttpClientBuilder.create ().build ();

						HttpContext httpContext = new BasicHttpContext ();						 HttpPost httpPost = new HttpPost (url);

						httpPost.setHeader ("ユーザー名","あなたの_午後3時_ユーザー名_ここ");

						httpPost.setHeader (" password ", "Your_3 pm_Password_						Here "); httpPost.setHeader (" Connection "," close ");						 MultipartEntityBuilder builder = MultipartEntityBuilder.create ();

						builder.setMode (HttpMultipartMode.BROWSER_COMPATIBLE);						 final File file = new File (filePath);

						FileBody fb = new FileBody (file, "text/csv						 "); builder.addPart (" file ", fb);						 final HttpEntity entity = builder.build ();

						httpPost.setEntity (entity);						 HttpResponse postResponse = httpClient.execute (httpPost, httpContext						); HttpEntity responseEntity = postResponse.getEntity ();

						System.out.println (EntityUtils.toString (responseEntity));

				}

				catch (Exception ex)

				{

						ex.printStackTrace ();

				}

		}

}

C #

システムを使用して、

using System.Net;名前空間QuickIntegration_Sample

{

		クラスプログラム

		{

				static void Main ()

				{

						const string uriString = "https://rportal.hiperos.com/QuickIntegration/Suppliers ";

						const string fileName = @" c:\\ hiperos\\ outbox\\ Suppliers_import.xlsx ";						 //新しいWebClientインスタンスを作成します。

						WebClient client = new WebClient ();						 //要求する認証ヘッダーを追加します。

						client.Headers.Add ("ユーザー名","あなたの_午後3時_ユーザー名_ここ");

						client.Headers.Add (" password ", "Your_3 pm_Password_Here ");						 //ファイルをURIにアップロードします。

						// 'UploadFile (uriString, fileName )'メソッドは、HTTP POSTメソッドを暗黙的に使用します。

						byte [] responseArray = client.UploadFile (uriString, fileName);						 string response = System.Text.Encoding.ASCII.GetString (responseArray);						 //レスポンスをデコードして表示します。

						Console.WriteLine ("\ nResponse Received.	 The contents of the file uploaded are:\ n {0 }", response);

				}

		}

}

例外処理とエラーコード

次のHTTP応答ステータスコードは、クイック統合によって利用され、インポートステータスを発信者に返信します。

ステータスコード 結果 説明
201 作成済み 新しいオブジェクトが正常に作成されました。
202 承認済み データはインポートキューに追加されました(システム生成の電子メール確認が続きます)。
204 コンテンツなし インポートする新しいデータまたはアップデートされたデータが見つからなかったか、ファイルが正しい形式ではありませんでした。
400 不適切な申請 問題の行および/または列が見つかりました。応答で返された検証メッセージを確認します。
401 権限がありません 要求にユーザー名とパスワードのHTTPヘッダーが見つかりませんでした。
403 禁止 ログインに失敗しました。見つからないか、権限がありません。
500 サーバーエラー インポートデータのデータベースへの保存に失敗しました

 

  • Inhalt