• 最終編集日時: 29 November 2021

請求書支払インポート

インボイス支払い統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

概要

請求書支払いのインポートプロセスは、からファイルを読み取ります。SFTPの/Incoming/InvoicePaymentsフォルダー。これらのファイルはにあるアーカイブフォルダに移動されます。/Archive/Incoming/InvoicePayments/を英数字順に処理します。フラットファイルは、CoupaのXML形式に変換されます。

標準統合では、検証ルーチンは、支払い日、小切手番号、金額フィールドを支払いレコードと比較することにより、支払いがすでに請求書に適用されているかどうかを判断します。

無効/小切手キャンセル:Coupaインテグレーションは、小切手を直接削除または無効にすることをサポートしていません。このシナリオのベストプラクティスは、キャンセルする小切手の金額がマイナスの場合に新しい「支払い」を作成することです。チェック#は同じにするか、「Void」などの文字列を追加できます。

キー/検証

Coupaは、次の基準に基づいて、承認されたステータスと範囲の請求書を検索します。

  • インボイスID/番号が入力されている場合、インボイスID/番号のみが照合されます。
  • サプライヤー名および/またはサプライヤー番号が指定されている場合、Coupaはサプライヤーを検索します。
    • 一致するサプライヤーが見つかった場合、Coupaはそのサプライヤーをフィルタリング基準として使用します。 
    • 一致するサプライヤーが見つからない場合、Coupaはそのサプライヤーを範囲の一部に含めません。
  • 請求書の日付が指定されている場合、Coupaは承認された請求書の範囲をその請求書の日付に設定します。
    • 顧客が暦年ごとに同じ請求書番号を再利用する場合、請求書日付が必要です。
  • 上記のクエリから1件の請求書が見つかった場合にのみ、Coupaが支払いを作成します。
メモ

統合を介して請求書の支払いを更新することはできません。

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 使用可能値
サプライヤー名 サプライヤー名。少なくともサプラーの名前または番号を含めてください。 真* string (100) 任意の
サプライヤー番号 サプライヤー番号。少なくともサプライヤー名または番号を含めてください。 真* string (255) any
請求書番号 請求書番号 TRUE string (40) any
請求書の日付 現在の支払に関連する請求書の請求日 任意の
請求書ID 請求書のデータベースID any
経費レポートID 経費レポートID 任意の
支払済み これは請求書ヘッダーの有料フィールドです。真または偽の値に設定されています。 boolean true, false/Yes, No/Y, N/T, F
全額支払日 全額支払日 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
全額支払メモ 全額支払メモ string (255) 任意の
支払額の確認 支払額の確認 小数( 32,4 ) 任意の
番号/メモの確認 番号/メモの確認 string (255) 任意の
支払日の確認 支払日の確認 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM

* サプライヤー名またはサプライヤー番号の1つが必須です。

関連アイテム


支払条件のインポート

01 May 2021

支払条件統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。