サプライヤー情報エクスポート

Coupaのサプライヤー情報フラットファイル統合オブジェクトには、サプライヤー情報列、住所列、アーティファクト列、連絡先列が含まれています。

概要

インスタンスでSIMを有効にする場合は、CAMまたはCVMにお問い合わせください。有効になると、これらのレコードのエクスポートは標準CSVエクスポートとして含まれます。

メモ

CSVエクスポートで使用するために、いくつかの追加/オプションフィールドをITFに追加する必要がある場合があります。統合トランザクションフォーマット( ITF )は、サードパーティのシステムにレコードをエクスポートするために使用されます。不要な標準フィールドを削除したり、オプションフィールドを追加したり、フィールドを並べ替えたり、レコードのデフォルトを公開してアクティブにすることができます。に移動します。Setup > Integration Documentation > Bulk Export Documentation or by URL go to../integration_transactional_formats.

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 許容値
RecordType 行のヘッダーフォーマットを指定します。可能な値は次のとおりです。ヘッダー、アドレス、アーティファクト、添付ファイル ヘッダー
SIM ID SIMレコードのCoupaの一意の識別子。 integer (11) any
サプライヤーID SIMレコードに関連付けられたサプライヤーのCoupaの一意の識別子。 integer (12) 任意の
バイヤーID SIMレコードを作成したバイヤーのCoupaの一意の識別子。 integer (13) 任意の
SIMステータス SIMレコードの現在の承認ステータス。 TRUE string (255) 下書き、要求された情報、承認待ち、承認済み、サプライヤーによって却下済み
会社名 SIMレコードの名前。 TRUE string (100) any
表示名 わかりやすいサプラーの名称。 string (255) 任意の
親会社名 Coupaに登録されている親サプライヤー会社名。Coupaに存在する必要があります。 string (255) 任意の
業種 サプライヤーの既定の業種。 string (255) 任意の
推奨通貨 サプライヤーが事業で使用する通貨。 any
推奨言語 サプライヤーが事業で使用する言語。 any
インコタームズ サプライヤーの取引条件を表す3文字のインコタームコード。 string (255) 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、または11
( 1 = EXW、2 = FCA、3 = CPT、4 = CIP、5 = DAT、6 = DAP、7 = DDP、8 = FAS、9 = FOB、10 = CFR、11 = CIF )
品目カテゴリー サプライヤーの既定の品目カテゴリー。 any
少数インジケーター サプライヤーが少数派サプライヤーかどうかを示します。 boolean 任意の
少数タイプ マイノリティタイプを示す3文字のコード。マイノリティインジケーターがtrueに設定されている場合は必須です。 整数 1、2、3、または4
( 1 = HIS、2 = NAT、3 = AFR、4 = ASN )
課税地域 税務管轄。 string (255) US, INTERNATIONAL
税分類 米国の税カテゴリー。 string (255) 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、または11
( 1 = 1099、2 = C Corp、3 = Customer Refund、4 = Exempt 1099、5 = Tax Authority、6 = Tax & Gov、7 = Vendor、8 = Non - Profit、9 = Partner Referral、10 = S Corp、11 = Foreign Company )
連邦税ID サプライヤーの雇用者識別番号(米国企業が対象)。 任意の
DUNS サプライヤーのDUNS番号。 string (255) any
税金控除の説明 サプライヤーの税金が免除される場合には、説明の入力が必要です。 string (255) any
収益タイプ サプライヤーの収益のタイプ。 string (255) 任意の
連邦政府への届出対象 サプライヤーに連邦税の申告義務があるかどうかを示します。 boolean any
国際税ID サプライヤーの税金ID (米国以外の企業が対象)。 string (255) 任意の
国際税分類 米国以外の税カテゴリー。 string (255) 1、2、3、4、5、6、7、8、9、または10
( 1 =アクティブNFFE、2 =パッシブNFFE、3 =免除受益者、4 =準拠しているとみなされるFFI、5 =カナダの金融機関、6 =その他のパートナー管轄金融機関、7 =参加外国金融機関、8 =非参加金融機関、9 =特定の米国人、10 =特定の米国人ではない)
国際説明 サプライヤーの税金が免除される場合には、説明の入力が必要です。 任意の
バックエンドシステム請求 請求書に関して、Coupaが連携するERPのタイプ。 string (255) 1または2
( 1 = SAP、2 = Oracle )
バックエンドシステムカタログ カタログに関して、Coupaが連携するERPのタイプ。 string (255) 1、2、3、4、5、6、7、8、9、または10
( 1 = CatBase、2 = Elastic、3 = iPartner Product Suite、4 = Claritum、5 = Contalog、6 = CatalognTime、7 = Advizia、8 = Aravo、9 = MatrixCMX、10 = SigmaCommerce )
支払条件 サプライヤーの既定の支払条件。Coupa内の既存の支払条件に一致する必要があります。支払条件コードを使用します。 任意の
サプライヤー地域 サプライヤーの所在地域。 string (255) 1、2、3、または4
( 1 = AMER、2 = EMEA、3 = APAC、4 = JAPAN )
政府機関インタラクションインジケーター ERP向けの政府機関インタラクションインジケーター。 boolean 任意の
政府機関インタラクション ERPに送信される政府機関インタラクションインジケーターのテキスト。 any
組織タイプ サプライヤーの組織タイプを表します。 string (255) 1、2、3、4、5、または6
( 1 =法人、2 =外国法人、3 =個人、4 =外国人個人、5 =パートナーシップ、6 =外国人パートナーシップ)
賄賂防止政策インジケーター ERP向けの贈収賄に関するポリシーインジケーター。 boolean 任意の
賄賂防止政策テキスト ERPに送信される贈収賄に関するポリシーインジケーターのテキスト。 任意の
政府主張インジケーター ERP向けの政府主張インジケーター。 boolean 任意の
政府主張テキスト ERPに送信される政府主張インジケーターのテキスト。 string (255) any
第三者インタラクションインジケーター ERP向けの第三者インタラクションインジケーター。 boolean 任意の
第三者インタラクションテキスト ERPに送信される第三者インタラクションインジケーターのテキスト。 任意の
事業を展開する国/地域 サプライヤーが拠点とする国。 any
提供物品またはサービス サプライヤーが提供する商品やサービスに関する簡単な説明。 string (255) any
支払グループ サプライヤーへの支払方法のリスト。 string (255) 1、2、3、4、5、6、7、8、9、または10
( 1 =口座振替、2 =標準、3 =顧客返金、4 =従業員、5 =会社間、6 =リース、7 =パートナー紹介、8 =レンタル、9 =税金、10 =ユーティリティ/通信)
請求金額の限度 現時点でサプライヤーが送信できる請求書の上限額。 any
支払保留インジケーター サプライヤーに対し、ERPを通じて自動的に支払が行われないようにします。 boolean any
支払保留テキスト ERPに送信される支払保留インジケーターのテキスト。 任意の
別途支払先 代表住所とは異なる宛先に支払う場合に有効にします。 boolean any
コメントソース コメントを入力したユーザーを示すフィールド。 string (255) any
コメント 実際のコメントのフィールド。 任意の
エクスポート済み SIMがERPにエクスポート済みかどうかを示します。 any
前回のエクスポート日時 SIMレコードが最後にERPにエクスポートされた日時を示します。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
作成日時 SIMレコードが作成された日時を示します。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
作成者ID ユーザーのCoupaの一意の識別子。 任意の
作成者姓・名 作成者ユーザーの氏名。 任意の
作成者Eメール 作成者ユーザーのメールアドレス。 any
更新日時 SIMレコードが最後に更新された日時を示します。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
更新者ID ユーザーのCoupaの一意の識別子。 任意の
更新者姓・名 更新者ユーザーの氏名。 任意の
更新者Eメール 更新者ユーザーのメールアドレス。 任意の
ロゴファイル名 ファイル拡張子を含むサプライヤーロゴファイルの名前。 string (255) 任意の
ロゴコンテンツタイプ サプライヤーロゴに使用される画像ファイルのタイプ。 string (255) 任意の
ロゴファイルサイズ サプライヤーロゴのファイルサイズ。 整数 任意の
ロゴ更新時間 サプライヤーロゴが最後に更新された日時を示します。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
ウェブサイト サプライヤーのWebサイトのアドレス。 string (255) any
CXML請求を許可する サプライヤーがcXMLで請求書を送信できるかどうかを示します。 boolean 任意の
APレビューのために請求書を保留する このサプライヤーからの請求書が、支払いが承認されているAPによって確認される必要があるかどうかを示します。APホールドともいいます。 boolean any
請求書を承認プロセスに送信 サプライヤーの請求書が、請求許容限度の設定にかかわらず、常に承認プロセスに送信されるかどうかを示します。 boolean 任意の
Connectからの裏付けドキュメントのない請求を許可 サプライヤーが、発注書なしに、サプライヤーポータルを通じて請求書を作成できるかどうかを示します。 boolean any
Connectからの裏付けがない明細を含む請求を許可 サプライヤーが、発注書なしに、サプライヤーポータルを通じて請求明細を作成できるかどうかを示します。 boolean 任意の
請求書の照合レベル サプライヤーの照合レベルを選択します:なし、2点、3点 string (255) なし、2ウェイ、3ウェイ
発送条件 サプライヤーの既定の発送条件。
税金コード サプライヤーの既定の税金コード。 「コード」値
節減率 このサプライヤーを利用した場合の節減率。 小数( 8,2 ) 任意の
Connectからの請求を許可 サプライヤーがサプライヤーポータルを通じて請求書を作成できるかどうかを示します。 boolean 任意の
請求時の請求アカウントの選択を許可 サプライヤーが請求書を作成する際に、請求アカウントを選択できるかどうかを示します。 boolean 任意の
請求書受信メール このフィールドは、請求書受信トレイに関するものです。サプライヤーの具体的なメールアドレスを指定します。 any
既定の請求書メール アドレスをホワイトリストに登録してある場合に便利です。サプライヤーのメールへの返信は、請求メールアドレスではなく、この優先メールアドレスに送信されます。 string (255) 任意の
請求書の受信メールドメイン このフィールドは、請求書受信トレイに関するものです。サプライヤーのメールドメインを指定します。 string (255) any
重複するデータが存在します 類似するフィールドがあるサプライヤーレコードがすでに存在します:名称、表示名、DUNSなど boolean 任意の
custom - field -1 インテグレーション「カスタムフィールド1」 string (255) 任意の
custom - field -2 連携のカスタムフィールド2 string (255) any
custom - field -3 連携のカスタムフィールド3 string (255) 任意の
custom - field -4 インテグレーション「カスタムフィールド4」 string (255) 任意の
custom - field -5 連携のカスタムフィールド5 string (255) 任意の
custom - field -6 連携のカスタムフィールド6 string (255) 任意の
custom - field -7 連携のカスタムフィールド7 string (255) 任意の
custom - field -8 連携のカスタムフィールド8 string (255) 任意の
custom - field -9 インテグレーション「カスタムフィールド9」 string (255) any
custom - field -10 連携のカスタムフィールド10 string (255) any
サプライヤー番号 サプライヤー番号 any

サプライヤー情報住所列

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 使用可能値
RecordType 行のヘッダーフォーマットを指定します。可能な値は次のとおりです。ヘッダー、アドレス、アーティファクト、添付ファイル 住所
サプライヤー情報ID このアドレスに関連付けられたSIMレコードのCoupa内における一意の識別子。 整数 任意の
住所ID この住所レコードのCoupa内における一意の識別子。 整数 任意の
住所タイプ このレコードの住所のタイプ。 string (255) 1、2、3、「標準」、「ユーザー」
( 1 = RTA、2 =ユーザー、3 =プライマリ)
ロケーションコード ERPからの所在地情報を保存するためのフリーフィールド。 string (255) any
住所名 このアドレスを識別するためのわかりやすい名前。 string (255) 任意の
番地 住所の1行目。 string (255) 任意の
建物名等 住所の2行目。 string (255) any
郵便番号 住所の郵便番号。 string (255) any
市区町村 住所の区市町村。 string (255) any
都道府県 住所の都道府県または地域 string (255) any
都道府県ISOコード 住所の都道府県ISOコード string (255) 任意の
国/地域 string (255) 任意の
私書箱 住所の私書箱。 string (255) 任意の
私書箱郵便番号 私書箱の郵便番号。 string (255) any
勘定科目のタイプ サプライヤーアカウントのタイプ。 string (255) any
仲介銀行名 仲介銀行の名称。 string (255) any
銀行住所 銀行の住所の行。 string (255) any
銀行市町村 銀行の区市町村の行。 string (255) any
銀行都道府県または地域 銀行の都道府県または地域。 string (255) any
銀行郵便番号 銀行の郵便番号。 string (255) 任意の
銀行国 銀行の国。 任意の
銀行の勤務先電話番号 銀行の電話番号。 string (255) 任意の
銀行のFAX番号 銀行のFAX番号。 string (255) any
銀行口座名 銀行口座の名義。 string (255) 任意の
銀行口座番号 銀行口座番号。 string ( 4 ~ 17文字) 数字
国際銀行口座番号 国際銀行口座番号 string ( 4 ~ 17文字)
銀行ルート番号 銀行ルーティングナンバー。 string (9) 数字
IBAN番号 銀行の国際銀行口座番号。 string (5 ~ 34文字) 5 ~ 34文字
ソートコード 銀行のSort Code。 string (6) 数字
SWIFTコード 銀行のSWIFTコード。 string (8 or 11 characters) 8または11字
BSB番号 銀行のBSB番号。 string (6) 数字
BIC 銀行の銀行識別コード。 string (255) 任意の
BICルーティングコード 銀行のBICルーティングコード。 string (255) any
作成日時 住所レコードが作成された日時。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
更新日時 住所レコードが最後に更新された日時。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
支払方法 サプライヤーが受け付ける支払方法。 string (255) 1、2、3、または4 ( 1 =銀行振込、2 =現金、3 =クレジットカード、4 = Pカード)
勘定通貨 勘定通貨 any
銀行名 銀行名。 string (255) any
custom - field -1 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -2 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -3 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) any
custom - field -4 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) any
custom - field -5 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -6 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -7 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -8 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) any
custom - field -9 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -10 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) any
custom - field -11 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -12 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -13 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -14 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -15 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
custom - field -16 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) any
custom - field -17 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) any
custom - field -18 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) any
custom - field -19 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) any
custom - field -20 KIND = RTAの場合にのみ利用可能なカスタムフィールド string (255) 任意の
銀行コード 銀行コード string (255) 任意の
IFSC IFSC string (255) any
支店番号および銀行番号 支店番号および銀行番号 string (255) 任意の
銀行電信ルーティング番号 銀行電信ルーティングナンバー。 any
税金番号 税金番号 任意の
税金国 税金国 任意の
目的 住所の目的の名称。 any
支払先担当者Eメール 送金先情報の担当者のメールアドレス。 string (255) 任意の
クレジットカードEメール バーチャルクレジットカードの送信先のメールアドレス。 string (255) any
都道府県ISOコード 住所の都道府県/地域ISOコード

値は、国と州/地域のエントリによって決定されます。
フィールドstate_iso_codeは、CSVエクスポートに表示されるようにSupplierInformationAddress標準CSV形式に手動で追加する必要があります。上記の注記を参照してください。

サプライヤー情報アーチファクト列

カラム名 説明 申請書 一意 タイプ 使用可能値
RecordType 行のヘッダーフォーマットを指定します。可能な値は次のとおりです。ヘッダー、アドレス、アーティファクト、添付ファイル アーチファクト
サプライヤー情報ID この添付レコードに関連付けられたSIMレコードのCoupaの一意の識別子。 整数 任意の
添付ファイルID この添付レコードのCoupaの一意の識別子。 整数 任意の
添付ファイルのタイプ SIMレコードに添付されたドキュメントのタイプ。 string (255) 任意の
添付メタファイルのタイプ 添付ファイルのタイプに基づくSIMレコードに添付されたドキュメントのタイプに関する追加の詳細情報。 string (255) 任意の
サプライヤーID SIMレコードに関連付けられたサプライヤーのCoupaの一意の識別子。 string (255) any
実施日 ドキュメントが初めて有効になった日の日付。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
有効期限 ドキュメントの有効期間の最終日。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
説明 SIMレコードに添付されたドキュメントの簡単な説明。 string (255) 任意の
作成日時 SIMレコードが作成された日時を示します。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
作成者ID ユーザーのCoupaの一意の識別子。 整数( 11 ) any
作成者姓・名 作成者ユーザーの氏名。 string (255) any
作成者Eメール 作成者ユーザーのメールアドレス。 string (255) 任意の
更新日時 SIMレコードが最後に更新された日時を示します。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
更新者ID ユーザーのCoupaの一意の識別子。 integer (11) 任意の
更新者姓・名 更新者ユーザーの氏名。 string (255) 任意の
更新者Eメール 更新者ユーザーのメールアドレス。 string (255) any
custom - field -1 インテグレーション「カスタムフィールド1」 string (255) 任意の
custom - field -2 連携のカスタムフィールド2 string (255) any
custom - field -3 連携のカスタムフィールド3 string (255) any
custom - field -4 インテグレーション「カスタムフィールド4」 string (255) any
custom - field -5 連携「カスタムフィールド5」 string (255) 任意の
custom - field -6 連携のカスタムフィールド6 string (255) any
custom - field -7 インテグレーション「カスタムフィールド7」 string (255) 任意の
custom - field -8 連携のカスタムフィールド8 string (255) 任意の
custom - field -9 インテグレーション「カスタムフィールド9」 string (255) any
custom - field -10 連携のカスタムフィールド10 string (255) any

サプライヤー情報の連絡先列

カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 許容値
RecordType 行のヘッダーフォーマットを指定します。 任意の
サプライヤー情報ID この連絡先に関連付けられた関連SIMレコードのCoupaの一意の識別子。 整数 任意の
連絡先ID この連絡先レコードのCoupaの一意の識別子。 整数 任意の
連絡先タイプ サプライヤー担当者の役職。 TRUE string (255) 標準
敬称(名前の前) サプライヤー担当者の敬称(名前の前)。 string (255) 任意の
敬称(名前の後) サプライヤー担当者の敬称(名前の後)。 string (255) any
その他の名前フィールド サプライヤー担当者の別称。 string (255) 任意の
サプライヤー担当者の名。 string (255) 任意の
サプライヤー担当者の姓。 string (255) any
氏名 サプライヤー担当者の氏名。 string (255) 任意の
Eメール サプライヤー担当者のメールアドレス。 string (255) any
電話番号(職場) サプライヤー担当者の勤務先電話番号。 string (255) 任意の
電話番号(携帯) サプライヤー担当者の携帯電話番号。 string (255) 任意の
FAX番号 サプライヤー担当者のFAX番号。 string (255) 任意の
メモ サプライヤー担当者に関する簡単なメモ。 string (255) 任意の
作成日時 SIMレコードの作成日時を示します。 日時 YYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MM
作成者ID ユーザーのCoupaの一意の識別子。 任意の
作成者姓・名 作成者ユーザーの氏名。 任意の
作成者Eメール 作成者ユーザーのメールアドレス。 any
更新日時 SIMレコードが最後に更新された日時を示します。 日時 任意の
更新者ID ユーザーのCoupaの一意の識別子。 任意の
更新者姓・名 更新者ユーザーの氏名。 任意の
更新者Eメール 更新者ユーザーのメールアドレス。 任意の
目的 住所の目的の名称。 any
custom - field -1 インテグレーション「カスタムフィールド1」 string (255) any
custom - field -2 連携のカスタムフィールド2 string (255) 任意の
custom - field -3 インテグレーション「カスタムフィールド3」 string (255) any
custom - field -4 インテグレーション「カスタムフィールド4」 string (255) 任意の
custom - field -5 連携のカスタムフィールド5 string (255) any
custom - field -6 連携のカスタムフィールド6 string (255) any
custom - field -7 連携「カスタムフィールド7」 string (255) any
custom - field -8 連携のカスタムフィールド8 string (255) 任意の
custom - field -9 連携のカスタムフィールド9 string (255) any
custom - field -10 連携のカスタムフィールド10 string (255) 任意の

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。