サプライヤーの懸念されるリスクフィードAPI (/ supplier_risk_aware_feed )

Supplier Risk Aware Feed APIを使用して、ガバナンス、リスク、およびコンプライアンス( GRC )データをRisk Awareにロードします。

Supplier Risk Aware Feed APIを使用すると、ガバナンス、リスク、コンプライアンス( GRC )データをRisk Awareに読み込むことができます。

注文リストにアクセスするURLは次のとおりです。https ://{ your_instance }/ api/supplier_risk_aware_feed/

メモ

このAPIを使用するには、サプライヤーリスクフィードのアクセス許可を含むAPIキーを作成する必要があります。詳細については、APIキーセキュリティを参照してください。

アクション

サプライヤーの懸念されるリスクフィードAPIを使用すると、次のことができます。

動詞 パス アクション 説明
投稿 /api/supplier_risk_aware_feed 作成 特定のサプライヤーの新規サプライヤーリスクフィードを作成する。対応するサプライヤーステータスが評価中の場合、POSTリクエストを送信できません。 
取得 /api/supplier_risk_aware_feed index サプライヤーリスクフィードのリストを取得する
取得 /api/supplier_risk_aware_feed /: id 表示 特定のサプライヤーリスクフィードを取得する
プット /api/supplier_risk_aware_feed /: id 更新 特定のサプライヤーリスクフィードを更新する

サプライヤー[id ]、サプライヤー[name ]、またはサプライヤー[number]で照会することで、フィードのIDがわからなくてもサプライヤーのフィードを取得できます

要素

サプライヤーの懸念されるリスクフィードAPIには、次の要素が含まれています。

要素 説明 申請済み 一意 許容される値 In アウト データタイプ
created - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました はい 日時
iD Coupaの一意の識別子 はい 整数
number - field -01 番号フィールド1.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -02 番号フィールド2.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -03 番号フィールド3.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -04 番号フィールド4.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -05 番号フィールド5.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -06 番号フィールド6.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -07 番号フィールド7.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -08 番号フィールド8.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -09 番号フィールド9.少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
number - field -10 番号フィールド10。少なくとも1つの数字フィールドが必須です。 decimalまたはnil = true はい はい 小数( 32,4 )
supplier - id サプライヤーID はい はい はい 整数
サプライヤー POSTを実行するときは、サプライヤーを明確に識別するために、これらのサプライヤー要素ID名前、または番号のいずれかを指定します。 はい はい サプライヤー
updated - at CoupaがYYY - MM - DDTHH: MM: SS + HH: MMZの形式で自動的に作成しました はい 日時

数値フィールドをnilに設定するには、数値フィールド属性にnil = trueを使用します。例: <number-field-01 nil="true"/> 。これは、値を削除する場合に便利です。

サンプルペイロード

特定のサプライヤーのフィードを取得する

サプライヤー[id ]、サプライヤー[name ]、またはサプライヤー[number]で照会することで、フィードのIDがわからなくてもサプライヤーのフィードを取得できます

例のクエリ

Https ://{ your - instance }/ api/supplier_risk_aware_feed? supplier [name] = {name of the supplier in Coupa}を取得する

例の応答

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<supplier-risk-aware-feeds type="array">

		<supplier-risk-aware-feed>

				<id type="integer">22</id>

				2019 <created-at type="dateTime">-03 -05 T 08:12:26 + 13:00</created-at>

				2019 <updated-at type="dateTime">-03 -05 T 08:12:26 + 13:00</updated-at>

				<number-field-01 nil="true"/>

				<number-field-02 type="decimal">4.1235</number-field-02>

				<number-field-03 type="decimal">1.1111</number-field-03>

				<number-field-04 type="decimal">1.0</number-field-04>

				<number-field-05 type="decimal">1.0</number-field-05>

				<number-field-06 type="decimal">1.0</number-field-06>

				<number-field-07 type="decimal">1.0</number-field-07>

				<number-field-08 type="decimal">1.0</number-field-08>

				<number-field-09 type="decimal">1.0</number-field-09>

				<number-field-10 type="decimal">1.0</number-field-10>

				<supplier>

					 ...

				</supplier>

		</supplier-risk-aware-feed>

</supplier-risk-aware-feeds> 

新しいフィードを投稿

、、またはのいずれかを指定することで <id> <name> 、サプライヤーの新しいフィードを作成でき <number> ます。指定されたサプライヤーは、リスク認識フィードを1つのみ持つことができます。

クエリとペイロードの例

投稿https :// {your - instance}/api/supplier_risk_aware_feed
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<supplier-risk-aware-feed>

		<number-field-01 nil="true"/>

		<number-field-02 type="decimal">4.1235</number-field-02>

		<number-field-03 type="decimal">1.1111</number-field-03>

		<number-field-04 type="decimal">1.0</number-field-04>

		<number-field-05 type="decimal">1.0</number-field-05>

		<number-field-06 type="decimal">1.0</number-field-06>

		<number-field-07 type="decimal">1.0</number-field-07>

		<number-field-08 type="decimal">1.0</number-field-08>

		<number-field-09 type="decimal">1.0</number-field-09>

		<number-field-10 type="decimal">1.0</number-field-10>

		<supplier>

				<id>{サプライヤーのCoupaのID}</id>

				<name>{the name of the supplier}</name>

				<number>{THE SUPPLIER NUMBER}</number>

		</supplier>

</supplier-risk-aware-feed>

POSTまたはPUTへの応答はGETと同じです。

関連アイテム


Invoices API (/ invoices)

13 May 2022

請求書APIを使用して、発注書に関連付けられた請求書を作成、更新、または照会します。

インボイスのインポート

27 April 2023

請求書ローダーには、ヘッダー列、請求列、明細列、明細割り当て列、税列があります。

カスタムフィールドの名前空間

18 April 2019

すべての新しいカスタムフィールドは、名前の競合を回避し、顧客が追加したフィールドを識別しやすくするために、カスタムフィールドの名前空間に追加されます。

ソーシングAPI (/ quote_requests)

03 September 2021

Coupa Sourcing APIを使用して、新しいRFxイベントを作成し、サプライヤーの回答を確認し、ラインレベルでサプライヤーを授与します。