在庫取引(受領書)のインポート

インベントリトランザクション(レシート)統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

概要

在庫取引(レシート)インポートプロセスは、からファイルを読み取ります。/受信/領収書/SFTPフォルダ。これらのファイルはにあるアーカイブフォルダに移動されます。/受信/アーカイブ/領収書/英数字の順序で処理される前に。

一意のキー/検証

以下の5つの列セットの1つが必要です:

  • ID
  • 注文品目IDと注文品目発注番号
  • 注文明細番号と注文明細PO ID
  • 注文明細ID
  • 注文品目発注番号と注文品目番号
カラム名 説明 申請済み 一意 タイプ 許容値
ID これは、新しいレコードが作成されるときにCoupaが割り当てる一意の識別子(データベースID )です。変更はできませんが、レコードの更新に使用できます。 真* TRUE int (11) any
バーコード バーコード string (255) 任意の
通貨 トランザクションの通貨コード string (100) any
価格 取引価格 小数( 30,6 ) any
数量 数量単位で受領した数量 小数( 30,6 ) 任意の
RFIDタグ RFIDタグ TRUE string (255) any
タイプ 取引タイプ TRUE string (255) InventoryReceipt、ReceivingConsumption、ReceivingAmountConsumption、ReceivingQuantityConsumption ReceivingReturnToSupplier、ReceivingAmountReturnToSupplier、ReceivingQuantityReturnToSupplier、ReceivingDisposal、ReceivingAmountDisposal、ReceivingQuantityDisposal
注文品目ID 注文明細Coupa ID番号 真* int (11) any
発注明細行番号 発注明細行番号 真* string (255) any
注文品目PO ID 注文明細PO Coupa ID番号 真* int (11) any
事前出荷明細通知の明細ID ASN明細Coupa ID int (11) 任意の
事前出荷明細通知の明細行番号 事前出荷明細通知品目のCoupa番号 string (255) any
事前出荷明細通知ヘッダーID 事前出荷明細通知ヘッダーのCoupa ID int (11) any
事前出荷明細通知ヘッダー番号 事前出荷明細通知ヘッダーのCoupa番号 string (40) 任意の
数量単位コード 数量単位コード string (6) 任意の
ステータス トランザクションのステータス既定が作成されます。 string (255) 任意の
照合参照 領収書と請求書ヘッダーに接続するための3ウェイマッチ属性 string (255) any
外部ID これは、ERP IDに対応するためにCoupaが作成するカスタムフィールドです。以下の注記を参照してください。 string (255) 任意の
取引参照 元の取引のID 整数 任意の
Reason Insight 理由のインサイトコード 任意の

*以下の5つの列の1つが必要です:

  • ID
  • 注文明細ID
  • 注文品目ID注文品目発注番号
  • 注文明細番号注文明細PO ID
  • 注文品目 番号注文品目発注番号
  • 注文品目発注番号注文品目番号
メモ

ERPを介して作成された領収書の場合、External_ID (トランザクションごとの一意のERP番号)をCoupaに入力する必要があります。統合を使用して同じ領収書を無効にする必要がある場合は、外部統合トランザクションを無効にするために同じExternal_IDフィールドをCoupaに渡す必要があります。

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。