承認チェーンのインポート

承認チェーン統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

概要

承認チェーンのインポートプロセスは、からファイルを読み取ります。SFTPの/Incoming/ApprovalChains /。これらのファイルはにあるアーカイブフォルダに移動されます。/受信/アーカイブ/承認チェーン/英数字の順序で処理される前に。

キーと検証

承認チェーン名承認チェーンタイプは、既存の承認チェーンを更新するための鍵です。更新を実行するには、 承認チェーン名と承認チェーンタイプの両方のキーが必要です。既存の承認チェーンのタイプを更新することはできません。

R 21では注文承認チェーンが導入されているため、同じ名前の注文と依頼の承認チェーンを作成することはできません。一括ローダーを介して申請書の既存の名前と同じ名前の注文の承認名を読み込むと、承認チェーンタイプが「申請」から「注文」に変更されます(逆も同様です)。 

現在サポートされている条件と操作:

  • アカウント(等しい、含む)

  • 品目カテゴリー(等しい、含まれている、含まれていない)

  • 項目(等しい、含む、含まない)

  • リクエスター(等しい、含まれている、含まれていない)

ローダーで作成された承認チェーンは、UIで作成されたものと同じ検証に従います。 

メモ

50は管理階層であるため、優先度を50にすることはできません。これは、50未満のチェーンは管理階層の前に発火し、50以上のチェーンは管理階層の後に発火することを意味します。

カラム名 説明 申請書 一意 タイプ 使用可能な値
Approval Chain Name * 一意の承認チェーン名 TRUE string (255) any
ステータス* 有効または無効。アクティブに渡すと承認チェーンが作成/更新され、非アクティブに渡すと既存の承認チェーンが削除されます。 TRUE 任意の
承認チェーンタイプ* この説明は次のとおりです。"いくつかの可能な値:依頼依頼-提出-ブロック依頼-承認-ブロック依頼-階層経費請求書-提出-ブロック請求書-提出-提出-警告請求書-承認-ブロック請求書-階層契約-階層契約-階層契約-提出-ブロック契約-提出-警告easy - form - user =>いくつかの可能な値:依頼依頼-提出-ブロック依頼-承認-ブロック依頼-階層経費請求書-提出-請求書-提出-提出-警告請求書-承認-ブロック請求書-階層契約-階層契約-提出-ブロック契約-提出-警告easy - form - user契約- round" TRUE string (255) 申請書、請求書、経費、請求書提出ブロック、申請提出ブロック
優先度* 承認チェーンを評価する順序。1から49まで、51から99までの数字 TRUE integer (11) 任意の
承認者をスキップ 承認チェーン上の場合は、自分の前に承認者をスキップする boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
管理階層をスキップ このチェーンが一致する場合、マネジメントヒエラルキーをスキップ boolean Yes/No、True/False、Y/N、T/F
さらに承認者をスキップ このチェーンが一致する場合、さらに承認者をスキップ boolean はい/いいえ
自動自己承認 自動承認チェーンに追加された場合は自動承認 boolean はい/いいえ
OBOユーザーの重複排除と自動承認 代わりにユーザーをオーバーライドし、承認チェーンの承認者を維持し、承認を自動承認します boolean はい/いいえ
常に評価する 常に評価する boolean はい/いいえ
並列 並列承認がサポートされています
コンパレーター合計 トータルコンパレータ string (255) 任意の
合計金額下限 許可された最小の承認の合計 小数( 32,4 ) 任意の
合計金額上限 最大許容承認合計 小数( 32,4 ) any
Total Currency 合計通貨の通貨コード string (6) any
最小承認限度 最小承認限度 小数( 32,4 ) 任意の
最大承認限度額 最大承認限度額 小数( 32,4 ) any
最大承認限度の通貨 最大承認限度の通貨 string (6) 任意のISO 4217 3文字通貨コード
最小承認限度 最小承認限度 小数( 32,4 ) any
演算子 条件演算子 string (255) 任意の
条件1 * 条件1 - val: field: conditionのコロン(:)で区切られたリスト TRUE テキスト any
条件2 条件2 テキスト 任意の
条件3 条件3 テキスト 任意の
条件4 条件4 テキスト any
条件5 条件5 テキスト 任意の
条件6 条件6 テキスト any
説明 上で設定した条件に対するカスタム通知テキストを設定します。このフィールドを空白のままにすると、ユーザーが設定した設定の名前がデフォルトのテキストとして使用されます。
承認者1 承認者1 - USER_LOGIN、AMOUNT、およびCURRENCY_CODEで構成されるコロン(:)区切りの値。例: user @ login: 250.00: usd string 任意の
承認者2 承認者2 テキスト any
承認者3 承認者3 テキスト any
承認者4 承認者4 テキスト 任意の
承認者5 承認者5 テキスト 任意の
承認者6 承認者6 テキスト any
承認者7 承認者7 テキスト any
承認者8 承認者8 テキスト 任意の
承認者9 承認者9 テキスト any
承認者10 承認者10 テキスト any
監視者1 監視人1 -監視人として追加するユーザーログイン string (255) 任意の
監視者2 監視者2 string (255) 任意の
監視者3 監視者3 string (255) 任意の
監視者4 監視者4 string (255) any
監視者5 監視者5 string (255) 任意の
承認者パラメーター パラメーターのセミコロン(;)で区切られたリスト。各パラメーターは、コロンで区切られた必要な値よりも識別子で始まります。識別子の例は、first_approver、middle_approvers、last_approverです。これらのサンプル値は、skip、watcher、またはapproverです。その他の例:エスカレーション:ユーザー:<UserLogin>、エスカレーション: ApprovalGroup:<GroupName>括弧内の値を実際のログイン名または名前に置き換えます。 テキスト 任意の
検証メッセージ 承認チェーンメッセージ/説明 string (255) any
署名者1 署名者1 -署名者としてへのユーザーログイン string (255)
署名者2 署名者2 string (255)
署名者3 署名者3 string (255)
署名者4 署名者4 string (255)
署名者5 署名者5 string (255)
サプライヤーに適用 サプライヤーに適用 任意の

関連アイテム


予算明細の調整のインポート

01 February 2019

予算明細調整統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

エンタープライズのインポート

03 February 2019

エンタープライズ統合ローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。

為替レートのインポート

03 February 2019

為替レート統合ローダーは、ヘッダー列の単一のセットのみを使用します。

経費カテゴリーのインポート

03 February 2019

経費カテゴリーローダーは、単一のヘッダー列のセットのみを使用します。