• 最終編集日時: 05 February 2019

アカウントインポート

勘定科目統合ローダーは、単一のヘッダー列セットのみを使用します。

概要

アカウントのインポートプロセスは、SFTPからファ./Incoming/Accounts/イルを読み込みます。  これらのファイルは、英数字の順序で処理される前に、にある./Incoming/Archive/Accounts/アーカイブフォルダに移動されます。 レコード構造がフラット化されているため、デルタ(変更のみ)ファイルが推奨されます。

検証

  • Chart of Accounts Coupaで作成および有効化する必要があります。
  • 勘定科目文字列に「ギャップ」があってはなりません。 区分–2を含む Segment-1 および Segment-3 が設定されていない勘定科目は、エラーを返します。 この状況を回避できない場合は、「NULL」などのテキスト値を区分2値として使用できます。  他のビジネスプロセスやオブジェクトの変更が必要になる場合があります。
カラム名 説明 必須 一意 タイプ 許容値
名前 これは勘定科目のニックネームです。ユーザーは、ユーザーインターフェースからこのフィールドを表示および検索できます。 文字列(1024) 任意
アクティブ* 偽の値にすると、勘定科目が無効化され、ユーザーが使用できなくなります。真の値にすると、有効化され、ユーザーが使用できるようになります。 ブール値 Yes/No、True/False、Y/N、T/F、0/1
勘定科目表* 勘定科目表の名前。Coupaに存在する必要があります 文字列(50) Coupaに存在する必要があります。
区分1* 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分2 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分3 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分4 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分5 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分6 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分7 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分8 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分9 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分10 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分11 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分12 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分13 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分14 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分15 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分16 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分17 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分18 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分19 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意
区分20 各区分は、勘定科目コードの区分を表します(たとえば、コード「99-9023-100132」の場合、区分-1は「99」、区分-2は「9023」、区分-3は「100132」) 文字列(100) 任意

このページに表示されている一部、または全ての内容は、機械翻訳によるものです。ご了承ください。

  • Inhalt