• 最終編集日: 02 February 2022

税務代理人を追加

現地住所で登録はされていないが税務上の目的で登録が必要な国に、税務代理人を追加します。

はじめに

国/地域Aで法的に登録されているが、国/地域Bで税務上の目的のために登録を必要とする一部の業務を国/地域Bで行っている場合は、税務代理人が必要です。国/地域Bで法的に登録(現地住所)されていないため、税務当局が貴社の事業に連絡する必要がある場合に、税務当局に対して貴社を代理する代理人が必要です。さらに、一部の国では、この情報をインボイスに記載する必要があります。 

税務代理人を追加する場合、これは法人の追加時に設定する税務登録情報番号に関連付けられます。詳細については、「法人を設 定」を参照してください。  

メモ

法人を設定する前に、税務代理人を追加します。これにより、法人に税務代理人を確実に割り当てることができます。

仕組み

税務代理人を追加

  1. [設定]>[管 理]>[税務代理人]に移動します
  2. [税務代理人を追加]を選択します
  3. 表示されるウィンドウで、少なくとも必須の[住所]フィールド(赤色のアスタリスクが付いたフィールド)に、住所行1、市区町村、郵便番号、国/地域、VAT IDを入力しま す。
  4. [続行 ]を選択します

税務代理人を編集または無効化

  1. [設定]>[管 理]>[税務代理人]に移動します
  2. 変更ま たは 無効化する税務代理人の横にある[管理]を選択します。
メモ

連絡先フィールドを変更 でき ます。他のフィールドを変更するには、新しい税務代理人を作成します。

  1. 「無効化」 を選択して税務代理人を無効化するか、変更するフィールドを変更し、「続行」を選択 します
メモ

税務代理人を無効化すると、割り当てられたすべての法人から削除されます。

このページに表示されている一部、または全ての内容は、機械翻訳によるものです。ご了承ください。