アウトバウンド連携を使用した部分的な領収書の無効化

Revised: 18 August 2020

概要

この機能を使用すると、一部の数量または金額のレシートを無効にできます。詳細については、領収書の一部無効化を参照してください。

部分排尿vs完全排尿

古い処理 新規処理
追加の構成/設定なしですぐに使用できます [設定] > [会社設定] > [会社情報]ページからオンにする必要があります(以下のスクリーンショットを参照してください)
ユーザーは完全な数量/金額の領収書のみを無効にできます ユーザーは部分的な数量/金額の領収書を無効にすることができます
無効化時に、領収書のステータスが[作成済み]から[無効化済み]に変更されます 無効化時に、元の領収書ステータスが部分的に無効化/無効化に変更され、ステータスが作成されタイプが変更された新しい領収書が作成されました
使用したキー列:数量、金額、PO番号、品目番号、ステータス、タイプ 使用したキー列:数量、無効化された数量、PO番号、品目番号、ステータス、タイプ、取引参照
受領書で使用可能なすべてのカスタムフィールド 元のトランザクションでのみ利用可能なカスタムフィールド(ステータス:部分的に無効化または無効化された無効化後および下の表で緑色で強調表示されているトランザクションタイプ)  

新しく作成された領収書にはありません

連携フロー

void-receipt-flows.png

CSVでエクスポートできる取引タイプ

詳細は、「インベントリトランザクションの種類」を参照してください

取引タイプ 統合を介してエクスポートしますか?
棚卸資産レシートを無効にしました はい
受領数量消費を無効にしました はい
受領金額消費を無効にしました はい
受領数量処分を無効にしました いいえ
無効化された受領金額処分 いいえ
サプライヤーへの受領数量の返送を無効にしました いいえ
サプライヤーへの受領金額の返却を無効にしました いいえ
無効化された受領金額処分 いいえ
サプライヤーへの受領数量の返送を無効にしました いいえ
サプライヤーへの受領金額の返却を無効にしました いいえ
棚卸資産レシート はい
受領中消費 はい
受領中の金額消費 はい
受領数量消費受領サプライヤーに返送 はい
サプライヤーへの受領金額の返送 はい
サプライヤーへの受領数量の返送 はい
受領処分 はい
受領金額処分 はい
受領数量処分 はい

APIのパラメーター

タイプ エンドポイントのURL アクション パラメーター URL/ペイロードの例
投稿 /api/inventory_transactions 新規領収書を作成 有効なタイプは次のとおりです在庫調整、在庫転送、在庫消費、在庫廃棄、無効在庫受領、無効在庫消費、無効受領数量消費、無効受領金額消費、無効受領金額消費、無効受領金額処理、無効受領金額処理、無効受領金額処理、無効受領金額処理、無効受領金額処理、無効受領金額処理、在庫受領金額処理、受領金額処理、受領金額処理、受領金額処理 <inventory-transaction>
  <quantity type="decimal">5.0受領</quantity>
  <type>数量消費</type>
    <order-line>
      <id type="integer">4977</id>
      <order-header-id type="integer">3480</order-header-id>
    </order-line>
</inventory-transaction>
投稿 /api/inventory_transactions 完全/部分的な無効化の領収書を作成 数量または価格は、それが部分的であるか完全であるかを示しています <inventory-transaction>
  <quantity type="decimal">4.0</quantity>
  <type>VoidReceivingQuantityConsumption</type>
  <original-transaction-id>875</original-transaction-id>
</inventory-transaction>

※ API経由でエクスポート可能なトランザクションタイプについては、CSV経由でエクスポート可能なトランザクションタイプの表をご参照ください。

検討点

  • 部分的な無効化では、統合を介してエクスポートできるトランザクションタイプはほとんどありません。デザインの中でこれを考慮してください。上の表「CSVでエクスポートできる取引タイプ」を参照してください 
  • すべての考慮事項が議論され、統合設計がERPで機能する場合にのみ、部分的な無効化を有効にすることが推奨されています。機能のオン/オフはお勧めしません。
  • 部分的な無効化を有効にすると、Coupa Outbound Receipt Integrationの既存のインテグレーション設定に影響を与えます
  • /supportページで次の機能が無効になっていることを確認してください
    settings.png

example1.png

example2.png

example3.png

例外の扱い

作成された領収書は、直ちに(統合実行が開始される前に) csvエクスポートで元のトランザクションが無効になります。この状況を管理するには、1つの利用可能なオプションがあります。

  • ERPでは、レシートIDが存在せず、レシートがCoupaから無効な状態で送信された場合、作成直後(インテグレーションが実行される前)に完全なレシートのみを無効にするロジックを構築して、指定された金額/数量のレシートを作成して無効にする

参照