統合デザインチェックリスト

Revised: 12 November 2021

はじめに

この文書は、以下の目標を達成するために、Coupaと他のシステムとの間の統合を構築している顧客またはパートナーと確認する必要がある標準的なチェックリストを提供します。

  • 統合は、システム間でユーザーが入力したデータを統合する際に発生する可能性のあるすべてのデータシナリオに対応するように設計されていることを確認する
  • 統合がゆるやかに結合された方法で設計されていることを確認し、システムのフォーマット変更が統合を破るのを防ぎます

CSV連携

ステップ 詳細 承認が必要*
  位置ではない列名による解析 はい
  Coupa/オブジェクトに送信されるインクリメンタル/デルタデータのみ、およびCoupaで使用されるデータのみを送信します はい
  Coupaからはインクリメンタル/デルタデータのみが送信され、最終ステータスに対してのみ送信されます(例:請求書OKOTOPAY:承認済みまたは無効化済みのステータス) はい
  Coupaが標準統合としてサポートしていないため、自動統合にはスケジュール済みレポート(オブジェクトのカスタムビュー)を使用しないでください。データ出力を制限する条件がある場合は、スケジュールされたレポート(例: 24時間以内に最後に更新された毎日の実行のみ) はい
  フィールド名と形式はハードコードではなく設定可能です いいえ
  CSVファイルはRFC 4180から取得した次の規則を使用します。
  • 区切り記号はカンマです:、
  • すべてのフィールドは、次の二重引用符文字で常にテキスト修飾(囲まれた)されています。"
  • フィールド内の二重引用文字は、別の二重引用文字によってエスケープされます。ユーザーが次のように入力した場合:コメントフィールドのステータスは「緑」です。これは「ステータスは「緑」になります」と表示されます。
  • 新しい行文字は、修飾されたフィールド値内で許可される場合があります
  • テキストエンコーディング:UTF -8 (バイトオーダーマーカー( BOM )なし)
いいえ
 

ユーザーが入力したすべてのテキストシナリオに対応する

  • キャリッジリターンやテキストフィールドのその他の特殊文字
  • テキストブロックフィールドのテキストの長さに制限はありません
  • ターゲットシステムの長さに長いテキスト値を切り捨てる
  • マルチバイト文字と長さの考慮事項(必要な場合)
はい
  顧客は、Coupaホスト型sftpの送信ディレクトリからファイルを削除する必要があります はい
  Coupaへのインバウンドレギュラーデルタフィードは1つのファイルに結合する必要があり、ソースシステムのすべてのデルタレコード更新を1つのファイルとして送信することはできません。例:
シナリオ1:
  • Coupaへのサプライヤーインバウンドは1日1回実行されます
  • 1日に5社のサプライヤーを更新
  • 1つのサプライヤーファイルは、5つのファイルではなく、1日の終わりにCoupaに送信する必要があります
シナリオ2 :
  • Coupaへのサプライヤーインバウンドは1日3回(午前10時/午後4時/午後8時)
  • 1日に10社のサプライヤーが更新されます(午前10時までに3社、午前10時から午後4時までに4社、午後4時から午後8時までに3社)
  • 3サプライヤーファイルはCoupaに送信する必要があります。各ファイルには、それぞれ午前10時、午後4時、午後8時に3つまたは4つまたは3つのレコードがあります。
はい
  受信および送信CSV統合データの場合は、Coupaが必要とするフィールドとCoupaビジネスプロセスに必要なフィールドのみをマッピングします。 いいえ
  Coupaペイロード構造が将来的に特定のフィールドを表示しないように変更される可能性があるため、値を取得する前に、XML/JSON内の要素の存在を常に検証してください。 はい

*開発前に顧客/パートナーの承認が必要であり、MTPチケットの一部である必要があります

APIの統合

ステップ 詳細 承認が必要*
  データを一括してエクスポートまたはインポートしない はい
  厳密なXSD検証を使用していません はい
  Coupa/オブジェクトに送信されるのはインクリメンタル/デルタデータのみで、Coupaで使用されるデータのみを送信します  はい
  すべてのAPI呼び出しはIRDの一部である必要があり、Coupa Integration Architectと共有され、承認される必要があります  はい
  Coupaペイロード構造が将来的に特定のフィールドを表示しないように変更される可能性があるため、値を取得する前にXML/JSON内の要素の存在を検証します。 はい
  特殊xml文字のエスケープ/エスケープ解除 いいえ
  50件を超える可能性があるGETコールのページング いいえ
  PUT/POSTコールのための所定の場所でのエラー処理 いいえ
  受信および送信API統合データの場合は、Coupaが必要とするフィールドとCoupaビジネスプロセスに必要なフィールドのみをマッピングします いいえ
  APIフィルター/浅い/限られたオプションを使用して、APIパフォーマンスを最適化する いいえ