単価が小数点以下2桁を超える場合はSAPと統合

Revised: 29 April 2021

問題

小数点以下2桁以上の単価値を持つCoupaトランザクションをSAPに統合するにはどうすればよいですか?

解決策

SAP標準構成は、定価フィールド値の小数点以下2桁のみをサポートしています。ユーザーが小数点以下2桁以上を入力しようとすると、SAPは「小数点以下2桁までの単位USDと一致する値を入力してください」というエラーメッセージをスローします。

Coupaの顧客は、CoupaからSAPへのPO統合中にこのシナリオにどのように対処しますか? Coupaでは、金額ベースのトランザクションに小数点以下2桁以上を入力できます。

このシナリオに対処するためのいくつかのオプションは次のとおりです。

オプション1:承認待ちの申請およびPO変更のリモート承認者APIコールの統合

このオプションを使用すると、CoupaでPOまたはPOの改訂を発行する前に、承認待ちステータスのすべての申請およびPOの変更がCoupaからSAPに統合されます。この統合は、予算チェック、税コード検証、会計検証などの残りの検証を処理するために使用できます。

  1. この統合を使用すると、Coupaトランザクションの小数点以下の桁数を、統合レイヤー内の通貨コードの小数点以下の桁数のあらかじめ定義されたセットと照らし合わせて検証できます。検証が失敗した場合、API呼び出しを介して適切なエラーメッセージを表示して承認を拒否し、依頼者に戻すことができます。統合レイヤーは、このアプローチで通貨コードと許可された小数点以下の桁数を保存する必要があります。

  2. Coupaトランザクションの小数点以下の桁数を検証するもう1つの方法は、SAP標準機能を活用して小数点以下の桁数の検証を実行することです。CoupaからSAPにREQまたはPO変更データを送信し、小数点以下の桁数を検証するための標準関数(TCURX_READ)を実行するように統合レイヤーを構成します。

オプション2:SAPで価格設定数量を調整する

このオプションには、SAPの製品/アイテムに対する価格調整が必要です。1個の製品の価格が12.3456ドルの場合、100個の製品の価格を1234.56ドルに設定します。これにより、同等の値に計算されますが、小数点以下の最大桁数の制限に遭遇することなく、より詳細な小数点以下の桁数を入力できます。より詳細な例を以下に示す。

data-table.png